死刑執行停止、法相に要請=裁判員経験者ら情報公開訴え

165

2024年05月20日 18:02  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

法務省担当者(中央)に死刑執行停止の要請書を手渡す裁判員経験者の田口真義さん(左から2人目)=20日午後、東京都千代田区
 裁判員制度開始から21日で15年となるのを前に、裁判員経験者らが20日、小泉龍司法相宛てに死刑執行停止の要請書を提出した。死刑判決に関わった3人を含む経験者22人の連名で執行停止のほか、死刑に関する情報公開や国民的議論の必要性などを訴えている。

 提出後に記者会見した、経験者で40代の田口真義さんは「市民が死刑を選択する可能性があるならば、情報も公開されるべきではないか。裁判の評議では確定から6カ月以内に執行するという説明しかない」と問題視した。死刑判決に関わったという60代女性は「死刑囚の日常や考えていることをもっと知らせてほしいと思う」と語った。 

このニュースに関するつぶやき

  • 社会的不適合者は排除するしかないんだよ。どっか良いゴミ箱を知ってるのか?遺族の立場で考えろよ。
    • イイネ!41
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(135件)

ニュース設定