『虎に翼』俺たちの轟にも“赤紙”が… ネット悲鳴「これで退場?」「よねさんの一言に号泣した」

1

2024年05月22日 08:15  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

戸塚純貴 (C)ORICON NewS inc.
 俳優・伊藤沙莉が主演を務める、連続テレビ小説『虎に翼』(月〜土 前8:00 NHK総合 ※土曜日は1週間の振り返り/月〜金 前 7:30 NHK BS、BSプレミアム4K)の第38話が、22日に放送された。

【写真】上品な轟!? 印象ガラリなオフショットを公開した戸塚純貴

 第110作目の連続テレビ小説となる本作は、日本初の女性弁護士で後に裁判官となった女性を俳優・伊藤沙莉が演じ、彼女とその仲間たちが困難な時代に道なき道を切り開き、迷える子どもや追いつめられた女性たちを救っていく。日本史上初めて法曹の世界に飛び込んだ三淵嘉子さんの実話に基づく、リーガルエンターテインメントとなっている。

 第38話は、猪爪家に召集令状が届き、兄・直道(上川周作)の出征が決まる。はる(石田ゆり子)は直道のためにできる限りのごちそうをふるまい、花江(森田望智)も精一杯の笑顔で送り出そうと努力する。寅子(伊藤沙莉)は弁護の仕事の他に、久保田(小林涼子)が担当していた婦人雑誌の法律相談の連載を引き受けることに。さらに、穂高(小林薫)から明律大学での講演を依頼されるが、講演会当日に倒れてしまう…というストーリーだった。

 いつもの3人でのお昼休憩のシーン。轟(戸塚純貴)が「赤紙が来た。法曹の道を極めたいところだが致し方ない、佐賀に帰る」と告げる。突然の知らせに驚いた2人だが、よねは「死ぬなよ、轟」と伝えた。

 視聴者からは「轟さんも…本当に嫌だ」「これで退場?」「轟〜!私からも言われる 死ぬなよ」「直道も轟も、帰ってくる。みんな生きて終戦を迎える。そんな未来しか考えたくない泣」「轟ー!!生きて帰ってこい!!」「よねさんの一言に号泣しました」などの声が寄せられている。

このニュースに関するつぶやき

  • 当時弁護士だった大伯父は海軍主計科勤務、戦場ではなく内地で事務仕事でした。(法曹関係者は特別枠だったそうです)轟さんも生きて還る可能性が高いのでは…空襲があったら危ないですが。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定