東出昌大、主演男優賞受賞 俳優業への思い語る「良い映画の現場に戻ってこれたら」【第33回日本映画批評家大賞】

0

2024年05月22日 20:34  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

「第33回日本映画批評家大賞」授賞式典に出席した東出昌大(C)モデルプレス
【モデルプレス=2024/05/22】俳優の東出昌大が22日、都内にて行われた「第33回日本映画批評家大賞」の授賞式典に出席。俳優業への思いを語った。

【写真】嵐・松本潤、東出昌大を自分と見間違う “そっくり説”に本人が言及

◆東出昌大、俳優業への思い

映画『Winny』(2023年)で主演男優賞を受賞した東出は「本日はこのような映画賞を頂戴しまして、大変嬉しく思っております」と喜びをコメント。映画の現場を初めて経験したのが22歳の時だったと回顧し、「それから14年経って、ずっと“演じる”とか“お芝居”ってなんだろうって考え続けて、今もその問いは消えない」と吐露しつつ、映画にとって必要なものは「地味な地味な準備」と話した。

また、「準備以外に頼れるものは根拠のない自信しかない」とも。「日々根拠のない自信を持ちながら、また今後も地味な準備を怠らずに、良い映画の現場に戻ってこれたらなと思います」と俳優業への思いを語った。

◆「第33回日本映画批評家大賞」

1991年に水野晴郎が発起人となり、淀川長治、小森和子といった当時第一線で活躍した映画批評家たちによって設立された映画賞「日本映画批評家大賞」。33年の歴史を数えた本年は、「進化し続ける力」をテーマに授賞式を行い、映画批評家たち選考員の独自の視点によって厳密に選定した17賞を19組に授与する。(modelpress編集部)

◆「第33回日本映画批評家大賞」受賞者一覧

作品賞:『ほかげ』(猖椰弧藉篤帖
監督賞:荻上直子監督『波紋』
主演男優賞:東出昌大『Winny』
主演女優賞:筒井真理子『波紋』
助演男優賞:磯村勇斗『月』
助演女優:新垣結衣『正欲』
ドキュメンタリー賞:『ライフ・イズ・クライミング!』(中原想吉監督)
アニメーション作品賞:映画『窓ぎわのトットちゃん』(八鍬新之介監督)
新人監督賞:金子由里奈監督『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』、工藤将亮監督『遠いところ』
新人男優賞(南俊子賞):アフロ『さよなら ほやマン』、黒崎煌代『さよなら ほやマン』
新人女優賞(小森和子賞):花瀬琴音『遠いところ』
脚本賞:上田誠『リバー、流れないでよ』
編集賞(浦岡敬一賞):今井大介『#マンホール』
撮影賞:芦澤明子『スイート・マイホーム』
松永文庫賞(特別賞):八丁座
ゴールデン・グローリー賞(水野晴郎賞):木野花『バカ塗りの娘』
ダイヤモンド大賞(淀川長治賞):小林薫『バカ塗りの娘』

【Not Sponsored 記事】
    ニュース設定