にゃんこスター・アンゴラ村長、1st写真集が「異例の売れ行き」 ランキング1位総なめで社内騒然

20

2024年05月24日 17:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

1st写真集『151センチ、48キロ』を発売するにゃんこスター・アンゴラ村長(C)東 京祐/講談社
 “かわいすぎる芸人”として話題を集めたお笑いコンビ・にゃんこスターのアンゴラ村長(30 )が、自身の20代最後の日となる今年5月16日に1stデジタル写真集『151センチ、48キロ』(講談社)を発売。同写真集が「異例の売り上げ」を記録し、ランキング1位総なめした。

【別カット】可愛すぎる…!ベッドに下着姿で横たわり笑顔のアンゴラ村長

 担当者は「発売からまだ数日ですが、各電子書店の写真集部門のウィークリー1位を総なめです!予想を大きく上回る異例の売れ行きに、社内も騒然としています」と驚きの売れ行きを語る。『DMM ブックス』営業担当者からも「日本のグラビア界に新たなるクイーンが誕生した奇跡に立ち会えた喜びを噛みしめています」と、破竹の勢いを寿ぐコメントが到着した。

 実際の身長と体重をタイトルに、アンゴラ村長のありのままの“普通体型”の魅力に迫った同写真集。男性はもちろんのこと、女性読者からも「癒される」と支持されている。アンゴラ村長も、売れ行きが好調であることを受けて「こんなに買っていただけるとは思わず、本当に発売前までと同じ世界に住んでいるのか…?と異世界転生の気分です。なわとびのネタから世に出て、そこからの歩み全て踏まえてのご褒美だと思うのでうれしいです」と語っている。

 今回の撮影では、デートっぽいニット姿からパジャマ姿・ランジェリー姿まで、芸人としての「アンゴラ村長」としては見られないような表情を100ページのボリュームで届ける。なお17日発売の『FRIDAY』(講談社)本誌にも一部のページを掲載。

 アンゴラ村長は、埼玉県出身。1994年5月17日生まれ。早稲田大学文学部を卒業後、ワタナベコメディスクールの20期生として芸人を目指す。2017年、にゃんこスターのコンビ結成の5ヶ月後に、縄跳びをとぶネタで『キングオブコント』準優勝。結成間もないコンビの躍進は大きな脚光を浴びる。芸人としての活動の傍ら、エッセイスト、コメンテーターとしても活動する。

このニュースに関するつぶやき

  • なーんだ可愛い猫の写真かと思ったら。。。
    • イイネ!2
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(15件)

ニュース設定