ハイディ・クルム、娘レニ(20)とカンヌのチャリティ・ガラに出席 母娘のドレス姿が「美しすぎる!」

0

2024年05月25日 10:30  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

ドイツ出身のスーパーモデル、ハイディ・クルム。カンヌ会期中の「amfAR」のチャリティ・ガラでは、娘レニとともに美しいドレス姿を披露した(『Heidi Klum Instagram』より)
スーパーモデルのハイディ・クルム(50)が、娘でモデルのレニ・クルム(20)とともにカンヌ期間中恒例のチャリティ・ガラ「amfAR」に出席した。会場のレッドカーペットでは、ハイディが全身をフリルで覆ったドレスを纏って登場。レニは胸と下半身を黒いバラのモチーフで隠した、大胆なシースルードレス姿を披露した。母娘のドレス姿に、ファンはSNSで「美しすぎる!」「アイコニックで素晴らしい」と絶賛した。

【この記事の動画を見る】

現地時間23日、南仏のコート・ダジュールに面した都市アンティーブにある名門ホテル「オテル・デュ・キャップ・エデン・ロック(Hotel Du Cap Eden Roc)」で、「amfAR(米国エイズ研究財団)」による毎年恒例のチャリティ・ガラ「Cinema Against AIDS」が開催された。

「amfAR」は、エイズ研究やHIV予防、治療教育、活動支援に取り組む世界有数の非営利団体だ。毎年カンヌ国際映画祭と並行して行われるチャリティ・ガラは、団体のプログラムへの支援や、世界中の研究チームへの助成金を募ることを目的としている。会場にはカンヌ国際映画祭に出席中のセレブが駆けつけ、豪華な衣装でレッドカーペットに登場することでも知られている。

第77回カンヌ国際映画祭の会期中に開催された今回のガラでは、ハイディ・クルムが娘レニ・クルムと一緒に登場し、レッドカーペットで大きな注目を集めた。

ハイディが着ていたのは、全身が大きなフリルで覆われたボリューム感溢れるドレスだ。ピンクのフリルは薄いチュール生地を何層にも重ねたもので、ふわりとしたシルエットを表現している。大きなフリルは右肩から左脚に向かって美しいラインを描き、床まで伸びる長いトレーンになっている。ハイディはロングヘアを下ろして大ぶりのイヤリングを着け、淡いピンクのヒールサンダルを合わせた。


ハイディの隣に立つレニは、黒を基調にした大胆なシースルードレス姿を披露した。黒いストラップドレスは全身が透けるメッシュ素材で、胸と下半身に黒いバラのモチーフがあしらわれている。両腕には黒いメッシュのオペラグローブを着け、足元は同色のリボンが付いたハイヒールを履いている。ダークなロングヘアはハーフポニーテールでまとめ、首には豪華なネックレスが輝いていた。


レッドカーペットに立つハイディとレニの姿には、SNSで「オーマイガー。美しすぎて気絶しそう!」「2人はアイコニックで素晴らしい。私にとって、本当に憧れの存在よ」「美しすぎる!」といったコメントが見受けられた。


レニは、ハイディが2003年に交際したイタリア人実業家フラビオ・ブリアトーレ氏(74)との娘だ。しかしハイディはレニを妊娠中、ミュージシャンのシール(61)と交際をスタートした。ハイディは2004年5月、シールの立ち合いのもとレニを出産した。2人は2005年5月に結婚し、シールはレニを養子縁組して実の娘として育てた。その後、2人の間には息子ヘンリーさん(18)、ヨハンさん(17)、娘ルーさん(14)をもうけるも、2012年に破局。2014年には正式に離婚が成立した。ハイディは2019年に人気バンド「トキオ・ホテル」のギタリスト、トム・カウリッツと結婚した。

レニは16歳だった2020年、独版『VOGUE』の表紙にハイディとともに登場してモデルデビューを果たした。その後もハイディと母娘でランジェリーブランドのキャンペーンモデルなどを務めるなど、モデルとしての道を着々と歩んでいる。



画像は『Heidi Klum Instagram』『Leni Olumi Klum Instagram』より
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定