永野芽郁、女優業引退を社長に直談判していた「引き留めてもらった」作品明かす

25

2024年05月26日 12:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

永野芽郁(C)モデルプレス
【モデルプレス=2024/05/26】女優の永野芽郁が、25日放送のTBS系『人生最高レストラン』(毎週土曜よる11時30分〜)に出演。女優業を辞めようと思った過去ついて語った。

【写真】永野芽郁、透明感際立つスラリ美脚披露

◆永野芽郁、女優業を辞めたいと思った理由を明かす

高校2年生のころ、映画『俺物語!!』(2015年)、『ひるなかの流星』(2017年)、『帝一の國』(2017年)、『ピーチガール』(2017年)、『PARKS パークス』(2017年)、関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』(2017年)など次々と出演し、ハードな生活を送っていた永野。当時を「楽しい事を純粋に楽しいって思えなくなった」と振り返った。

理由について「学校に行きたかったんで。学校で友達と学生生活を味わうってことがしたかったのに、その時間がない」ことから「私はなんでこの仕事ばっかりやって。友達はみんなで学校帰りファミレス行ったり、遊園地行ったりしてる中、いつも行けないんだろうと思ったら嫌になっちゃって」と回顧。それゆえ「学校行きたいから仕事辞めたい」という気持ちになったと明かした。

そこで「社長に会いに行って『もう辞めたいです』って話しました」と女優を辞めようと直談判をしに行ったと告白。すると社長から「そんなに辞めたいなら、いいよ」と言われ、想定外の返答に「そんな簡単に言う!?」と驚いたことを振り返った。

◆永野芽郁を引き留めた作品とは

当時、マネージャーから「芽郁はオーディションが好きなんだから、いったんオーディション受けてみて、それでだめだったら辞めれば」と言われた永野。そこで受けてみたオーディションが「『半分、青い。』(NHK連続テレビ小説/2018年)だった」と永野は運命的なエピソードを口に。オーディションに落ちていたら女優を辞めていた可能性が「高いです」とも頷き「そのタイミングで朝ドラに引き留めてもらったんで、何とか乗り越えてきた」と語った。

現在24歳になった永野は「その時期を10代に経験させてもらえたので、20代はただただ楽しく、お仕事出来てます。あの時の自分には感謝ですね」と懐かしんでいた。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • なるほどexclamationまあ、そう言った悩みあるだろうね、高校生だと…(((*≧艸≦)ププッ(^_^;)!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(18件)

ニュース設定