大竹しのぶ、2年ぶり月9出演決定「楽しい現場になること間違いなし」 『海のはじまり』で主演・目黒蓮の義母役

3

2024年05月28日 05:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『海のはじまり』に出演する大竹しのぶ(C)フジテレビ
 俳優の大竹しのぶ(66)が、目黒蓮(Snow Man)主演のフジテレビ系“月9ドラマ”『海のはじまり』(7月スタート/毎週月曜 後9:00)に出演することが決定した。2年ぶりの月9出演となる大竹は、一人娘に先立たれてしまった母親で、その子どもの父親であり主人公・夏(目黒)の義母となる役柄を演じる。

【写真】パパの顔に…初の父親役を演じる目黒蓮

 今作は、主人公の夏が、大学生だった時に付き合っていた交際相手であり、別れて以来、7年もの間会うことがなかった南雲水季の死をきっかけに、自分と血のつながった娘の存在を知ったことで人生が変化していく物語。

 『silent』(2022年/フジ)の脚本・生方美久氏、演出・風間太樹氏、 村瀬健プロデューサーが再び結集。人と人との間に生まれる愛と、そして家族の物語を丁寧に描く、“親子の愛”をテーマにした完全オリジナル作品を送る。

 今作において1つの大きなテーマとなるのが“親子の愛”。人はいつどのように“父”になり、いつどのように“母”となるのか。自分の子どもが7年間生きていることも、これまでをどう生きてきたかも知らなかった夏と、突然自分の人生に現れた海という2人の関係や、亡くなった彼女と娘との間の母と子の関係など、登場する人物たちの中にある“親と子”の間に生まれる感情をリアルに、そして丁寧に描き、紡がれていく作品を届ける。

 大竹は1975年、映画『青春の門』のヒロイン役で本格デビュー。さらに同年放送の連続テレビ小説『水色の時』(1975年/NHK総合)でヒロイン役を務めテレビドラマ初出演を果たすなど、一気に国民的ヒロインに。その活躍から1978年に誕生した『日本アカデミー賞』の第1回において助演女優賞を受賞すると、翌1979年の『第2回日本アカデミー大賞』で最優秀主演女優賞を受賞。

 そんな大竹が月9ドラマに出演するのは『PICU 小児集中治療室』(2022年10月期/フジテレビ系)以来、2年ぶり。本作で演じる役どころに「悲しみを抱えながらも、とにかく娘の残した海を育てること。どうしたら海が幸せになるかを考えている朱音を、誠実に演じてゆきたいです」と語っている。

 大竹は、夏(目黒)の大学時代の交際相手・水季の母・朱音を演じる。一人娘である水季が大学生になり東京に行って以来、夫・翔平(しょうへい)と共に静かに生活を送っている。水季は不妊治療の末に授かった大切な一人娘だった。自分に似て自分勝手でもありながら、ぼんやりした性格は翔平に似ていることを、いつもどこかうれしそうに感じながら、全力で愛情を注いで水季を育ててきた。時に親子ゲンカをすることもあったが、朱音の思いとは裏腹に、水季とはすれ違ってしまうことも。夫と2人暮らしになり、親子のコミュニケーションに関していろいろと感じていたある日、娘に子どもができたことを知る。まだ在学中でもあり、どうするのか娘と激しい言い合いになりながらも、結果、産むと決め、父親には知らせずに一人で海を育てる決心をした水季を、陰となり日向となり見守ってきた。次第に母と娘の関係も修復し始めていたさなか、大切な一人娘が自分より先に死ぬという事実を突きつけられてしまう。水季が残された時間を海のために過ごそうとする姿を肌で感じ、自分も娘のために、娘の希望を実現するために生きようと思うようになる。

■大竹しのぶ コメント
――今作の出演オファーを受けての印象を教えて下さい。
丁寧なドラマ作りをされるチームだと聞き、とてもうれしく思いました。楽しい現場になること間違いなしです。

――台本を読んでの感想を教えて下さい。
何気ない日常会話の中にあるさまざまな感情を大事にしている台本だなと思いました。そこで生きている人間をきちんと、丁寧に演じたいです。

――南雲朱音役の印象や、演じる上での意気込みを教えて下さい。
悲しみを抱えながらも、とにかく娘の残した海を育てること。どうしたら海が幸せになるかを考えている朱音を、誠実に演じてゆきたいです。

――視聴者の皆さんへのメッセージをお願いします。
この夏の思い出になるようなドラマをみんなと一緒に暑さに負けず頑張って作ってゆきます。

■プロデュース村瀬健(フジテレビ ドラマ・映画制作部) コメント
いつかご一緒したいとずっとずっと思っていた大竹しのぶさんに朱音を演じていただけること、本当にうれしく思っています。水季の死から始まるこのドラマにおいて、始まりの段階で最も深い悲しみを背負っているのは、僕は水季の母・朱音だと思っています。若くして娘を失った喪失感、無力感、悔しさ、悲しみ…いろいろな思いがある中で、遺(のこ)された幼い海のことは自分が守っていかなければと強く感じている。そんなときに朱音は、海の父親である夏と初めて会います。娘が愛した人であり、でも、子供ができたことを一切伝えることなく今日まで過ごしてきた相手でもある夏に対して、朱音がどのように感じ、どのように接していくのか。夏の向こう側にいる弥生との関係性も含め、朱音はこのドラマの物語の大きな軸となる存在です。常に複雑な思いを抱えていて、ちょっと見では何を考えているのかわからないところのある朱音という人物像を作るにあたり、大竹さんに演じていただけたら最高だと最初の段階から思っていましたので、脚本の生方さんには大竹さんをイメージして書いていただくように早くからお願いしていました。例によって、出演OKのお返事をいただくずっと前からです(笑)。これまで、数多くの映画やドラマで大竹さんのお芝居を見せていただき、そのすごさに何度も何度も圧倒されてきました。この世にあるすべての感情、その全てを一瞬の表情や一つの台詞で表現して下さる特別な存在の方だと思っています。大竹さんに演じていただけるからこそ描くことのできる朱音という人物像が出来上がりつつあると思っています。夏と海、水季と海、弥生と海…だけではない親子の関係、つまり、朱音と夏、朱音と水季、朱音と弥生…という、“もう一つの親子の関係”にも注目してこのドラマをご覧いただければ幸いです。

このニュースに関するつぶやき

  • これって有村架純がでるやつだよね、それに大竹しのぶ・・・めめは好きだから見たいけど・・・
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定