30年前の“南くん”武田真治、7月期ドラマ『南くんが恋人!?』に出演決定 “ちよみ”の父親役で「うれしくて打ち震えました!」

42

2024年05月30日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

7月スタート『南くんが恋人!?』出演者が解禁(C)テレビ朝日
 俳優・飯沼愛が主演する7月スタートのテレビ朝日系連続ドラマ『南くんが恋人!?』(毎週火曜 後9:00)に、30年前に“南くん”を演じた俳優・武田真治が出演することが決定した。武田は、飯沼演じる主人公・ちよみの父親役を演じる。

【写真】今度は南くんが15僂法令和初映像化『南くんが恋人!?』ビジュアル

 1987年に刊行された内田春菊氏の人気漫画『南くんの恋人』(青林工藝舎刊)は、これまで4度もドラマ化され、テレビ朝日では1994年に高橋由美子&武田、2004年には深田恭子&二宮和也、と2度にわたって制作された。

 本作『南くんが恋人!?』は、まさかの男女逆転バージョン。『南くんの恋人』とは違い“南くん”が15センチの手のひらサイズになって、恋人・ちよみの前に現れる。主人公・堀切ちよみを飯沼が演じ、“南くん”こと、南浩之はFANTASTICS・八木勇征が演じる。

 そして今作の脚本を手掛けるのは、1994年放送の高橋&武田版『南くんの恋人』でも脚本を担当した岡田惠和氏。30年越しに新しくなった『南くんが恋人!?』で筆を執り、ひと夏の甘くほろ苦いホーム・ラブコメディーをつむぐ。

 そんな本作で武田が演じるのは、ちよみの父・信太郎。自宅の隣で焼き鳥店を営む信太郎は、実はちよみとは血の繋がりはないのだが、ちよみのことを大切に思っている心優しい男性という役どころ。

 武田は、1994年の『南くんの恋人』は自身にとっても「出世作となった」と言い、「内田春菊さん原作のこの作品に再度関わることができ、うれしくて打ち震えました!」と興奮。今作では「悩みを抱える娘と向き合う、その戸惑いやハラハラを全国の娘を持つお父さんにも共感してもらえたら」と、役柄への意気込みを明かした。

 また、ちよみの・楓を木村佳乃、南くんの父・晴幸を沢村一樹、ちよみの祖母・百合子を加賀まりこ、信太郎が営む焼き鳥店の常連で、商店街で手芸店を営む“チャコ”こと木村久子を室井滋、ちよみが所属するバスケ部のコーチでもある山高晋一を光石研が演じることも発表された。

■武田真治(堀切信太郎役) コメント
――今作『南くんが恋人!?』へのご出演にあたり、企画を聞いた際どんな印象を持たれましたか?

内田春菊さん原作のこの作品に再度関わることができるとは思ってもいなかったですし、しかも脚本は岡田惠和さん。今回演じるのは“南くん”ではありませんが、自分としては“出世作”にもなったシリーズの新作に関わることができるのがうれしくて、打ち震えましたね!

――今作の脚本は武田さんが出演された『南くんの恋人』も手掛けた岡田惠和さんですが、あらためて今作への出演で楽しみなことなどはありますか?

僕が南くんを演じた『南くんの恋人』は、物語も本当に面白かったですし、ぶっ飛んだストーリーに視聴者の皆さんもついてきてくれました。当時は昭和から平成になって間もない頃で、学園モノというとちょっと悲しいストーリーのものが多く、その中では新しいタイプの学園モノでした。着ていた衣装や髪型、高橋由美子さんが歌う主題歌など、全てがムーブメントになっていったことを覚えています。今回はきっと僕よりも若いスタッフに囲まれて撮影をしていくと思いますが、今の自分たちがいいと思うものを全部取り入れて、みんなで楽しくのびのびやっていけたらなと思います。

――『南くんの恋人』撮影当時の思い出で印象に残っていることはありますか?

実は高橋由美子さんにあまり会っていないんです(笑)。当時、たくさんの視聴者が会いたかった高橋由美子さん演じる“ちよみ”に、僕も同じように会いたかったのを覚えています。あとはそうですね、ピンク色のGジャンを着ていたと思うんですけど、あれ、僕の自前だったんです。今でもとってあるので、今作でも一度はご披露したいと思っています(笑)。

――今回演じる堀切信太郎をどんな風に演じたいと考えていらっしゃいますか?

僕が演じる信太郎は、ちよみの父親なのですが、血の繋がりはない複雑な家族構成でもあります。『南くんの恋人』で振り返ってみると素敵だったのは、「小さくなってしまうことで、うまく伝えられない悩みに大人も向き合い、一緒に成長していく」というところもうまく描かれていたことだったように思います。今回は僕もその大人の側になり、悩みを抱える娘と向き合うことになるわけですが、その戸惑いやハラハラを全国の娘を持つお父さんにも共感してもらえるといいなと思います。岡田さんの脚本ではそういった“今の時代のお父さんの姿”、“娘との向き合い方”も描かれているので、うまく表現していけたらと思います。

――もしも15センチの手のひらサイズになったら、やってみたいことはありますか?

日常が全部日常ではなくなって、全てが大冒険になるのでしょうね…。30年間想像したこともなかったな…。やっぱり僕は小さくならなかった方だったので(笑)!30年前は15センチになった女の子をポケットに入れて学校に通ったので、僕も誰かのポケットに入っていろんな人の日常を体験してみようかな…!

――ドラマを楽しみにされている視聴者の皆さんにメッセージをお願いいたします。

この夏一番面白いやつです!ぜひ楽しみにしてください!

このニュースに関するつぶやき

  • 草刈正雄が毎回どこかにチョコッと出てくるとかあればいいのにな(^∇^)
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(23件)

ニュース設定