【Believe ―君にかける橋―第6話】狩山、再び逮捕 崩落事故に隠された「想像をはるかに超える深い闇」浮き彫りに

0

2024年05月30日 06:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

天海祐希、小日向文世「Believe ―君にかける橋―」第6話(C)テレビ朝日
【モデルプレス=2024/05/30】俳優の木村拓哉が主演を務めるテレビ朝日系開局65周年記念木曜ドラマ『Believe−君にかける橋−』(毎週木曜よる9時〜)の第6話が、30日に放送される。

【写真】木村拓哉主演新ドラマ「Believe」豪華俳優集結

◆木村拓哉主演「Believe−君にかける橋−」

テレビ朝日開局65周年記念作品として制作される本作では、橋づくりに情熱を燃やす狩山陸(木村)が刑務所に収容されるという思わぬ困難に見舞われながらも、決して諦めることなく希望と再生の道を模索。まるで先の読めない手に汗握るサスペンスとスリリングかつ心に染み渡る人間ドラマが交錯する壮大な物語を紡いでいく。

◆「Believe−君にかける橋−」第6話あらすじ

「龍神大橋」建設現場崩落事故における自らの無実を証明すべく、刑務所から逃走した後、静岡にある半田豊(田中哲司)の自宅に身を潜めていた狩山陸(木村)。だがついに、狩山を追い続ける刑事・黒木正興(竹内涼真)が潜伏先までやって来た。自ら進んで黒木の前に姿を現した狩山は、半田をかばうため、彼を脅してかくまわせたと説明。逃走4日目にして、再び逮捕されてしまう。

その頃、「帝和建設」の社長・磯田典孝(小日向文世)の依頼で、狩山の居場所を探っていた弁護士・秋澤良人(斎藤工)は、狩山の妻・玲子(天海祐希)のもとへ。夫から速達が届いたことをひた隠す玲子だが、秋澤の「ある言葉」に心が揺れる。

一方、黒木は狩山の身柄を東京へ移送する途中、何を思ったのか。単独で狩山の事情聴取を始める。果たして黒木の狙いは何なのか?そしてこの先、狩山を待ち受ける運命とは一体。やがて事態はまたしても、あらぬ方向へと舵を切りだし、崩落事故に隠された「想像をはるかに超える深い闇」が、徐々に浮き彫りになっていく。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定