外国人タレントを多数育て…稲川素子さん死去 フィフィが感謝「あの時の私があって今があります」

12

2024年06月11日 20:16  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

稲川素子さん
 芸能事務所「稲川素子事務所」の社長・稲川素子さんが、心不全のため、亡くなった。90歳だった。11日、ORICON NEWSの取材に対し、事務所関係者が明らかにした。訃報を受け、かつて同社に所属したフィフィが自身のXを通じ、追悼した。

【写真】かつて「稲川素子事務所」に所属していたセイン・カミュ

 「外国人タレントといえば稲川素子事務所」と呼ばれるまでに知名度を確立。所属タレントからは、ルビー・モレノさんをはじめ、セイン・カミュ、ゾマホンら、多彩な顔ぶれがドラマやバラエティーで活躍した。

 その1人だったフィフィは「芸能界に入った最初の2年、稲川素子事務所に所属しました。自分で言うのも何ですが、私はルビーモレロさん以来の出世頭で、デビューして僅かで徹子の部屋に出演した時は、素子社長が随分と喜んで下さいました。その後私は移籍しますが、あの時の私があって今があります…心よりご冥福をお祈りします」と感謝を込めた。

 事務所関係者によると、素子さんは5月13日に自宅で亡くなり、既に家族で密葬を執り行った。今後、関係者らと「偲ぶ会」を計画しているという。

このニュースに関するつぶやき

  • そこは「あの時のアナタがいて」が正解なんだろうが、まあいいや。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定