今田美桜『花咲舞が黙ってない』撮了に達成感「濃い3ヶ月間でした」 “バディ”山本耕史に感謝も

17

2024年06月14日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『花咲舞が黙ってない』クランクアップを迎えた今田美桜(C)日本テレビ
 俳優の今田美桜が主演を務める日本テレビ系“土ドラ9”『花咲舞が黙ってない』(毎週土曜 後9:00)の最終回が、15日に放送される。それに先立って、今田がクランクアップを迎え、コメントが到着した。

【写真】充実感ある笑顔!撮了した山本耕史&今田美桜&ずん・飯尾和樹

 前作のドラマ『花咲舞が黙ってない』は、銀行を舞台にした池井戸潤氏の小説『不祥事』を原作に2014、15年に、杏が主演を務めた。前回のドラマ放送後、ドラマと同名の新作小説『花咲舞が黙ってない』(池井戸氏著)が出版された。銀行の大合併が描かれ、新たな敵役も登場する。2024年版ドラマは、この新たな物語を、東京第一銀行に勤める主人公・花咲舞役に今田、バディ・相馬健役に山本耕史、2人の壁となる昇仙峡玲子役に菊地凛子という、新たなキャストで届ける。

 立場の弱い人を助けるため、忖度なく誰にでも“お言葉”を返していく主人公・舞を3ヶ月にわたり演じきった今田は「何事もなく無事に終われたことをまずはホッとしています。現場が本当に楽しくてスピード感もあって、皆さんの一体感や集中力もすごくて、本当にすさまじい現場だったなと。とても濃い3ヶ月間でした」と振り返った。そして「バディである相馬さんが山本耕史さんで本当に良かったです!また明日もこの現場に来て、たくさんの笑い声が聞けたりしないかなと思いましたが、今日で最後ということでさびしいです」と思いを明かし、「また皆さんと楽しいドラマを作っていけるよう、私もがんばっていきたいと思います。ありがとうございました!!」と伝えた。

 最後の撮影は、最終回の臨店班のシーン。筋トレに励む相馬と芝崎太一次長(ずん・飯尾和樹)のもとに、舞が現れる日常のシーンだった。「カット!」の声がかかると、スタジオにメインテーマBGMが流れ、サーチライトが照らす中、3人が同時にクランクアップ。花束が渡された。

このニュースに関するつぶやき

  • 半沢直樹の劇団ひとりがなあ。。。まだ香川照之にやらせた方が面白かったんじゃないか?
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

ニュース設定