白石かずこさん死去、93歳=詩人、国際的に活躍

14

2024年06月19日 18:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

白石かずこさん 詩人(思潮社提供)
 自由奔放な詩作や朗読活動で国際的に活躍した詩人の白石かずこ(しらいし・かずこ、本名嘉寿子=かずこ)さんが14日、心不全のため死去した。93歳だった。カナダ出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は夫菱沼真彦(ひしぬま・のぶひこ)さん。後日、お別れの会を開く予定。

 早稲田大在学中の1951年に詩集「卵のふる街」でデビュー。性を率直に表現したり、ジャズ演奏とともに詩を朗読したりするなど独創的な活動を展開した。米国の詩人アレン・ギンズバーグら「ビート・ジェネレーション」とも交流を持ち、海外の詩祭などに精力的に参加して朗読を行った。

 「聖なる淫者の季節」でH氏賞を受賞。「現れるものたちをして」で高見順賞、読売文学賞に選ばれた。98年、紫綬褒章受章。 

このニュースに関するつぶやき

  • こんな人が居たのか〜。詩を調べてみたらかなり良かったな〜。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

前日のランキングへ

ニュース設定