LiLiCo、17年ぶりに復活した「淀川長治賞」受賞「これからも映画の魅力を伝えていく」

17

2024年06月20日 10:31  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

復活した第17回「淀川長治賞」を受賞したLiLiCo(撮影:奥野和彦)
 映画誌「ロードショー」(集英社)が創設し、同誌の休刊にともない中断されていた「淀川長治賞」が、一般社団法人外国映画輸入配給協会へ事業継承され17年ぶりに復活。第17回の受賞者に映画コメンテーター・タレントのLiLiCoが選定され、19日に都内で授賞式が執り行われた。

【画像】映画評論家の淀川長治さん

 華やかな赤いドレスで出席したLiLiCoは「子どもの頃から映画を見て育ち、この23年間は紹介もしてきました。映画は私の人生です。洋画からはたくさんのことが学べますから、特に若い方には、どんどん見てほしい。淀川さんにお会いしたことはありませんが、テレビでの愛ある解説に魅了されていました。こんな素敵な賞をいただきまして、本当にありがとうございました。これからも映画の魅力を伝えていきます」と、コメントした。

 1972年から2008年まで刊行された映画誌「ロードショー」では、映画評論家・淀川長治氏(1909年 - 1998年)の長年の功績をたたえるべく、1992年に「淀川長治賞」を創設。2007年まで16回にわたって実施され、映画人・団体に授与された。対象は、映画監督・プロデューサー、俳優から、評論家や配給会社と多岐にわたる。選考委員長を務めたのは、映画評論家の品田雄吉氏(1930年 - 2014年)。

 雑誌休刊にともなう中断を経て、外国映画輸入配給協会により「わが国における外国映画文化、芸術の振興に寄与した人物を表彰するもの」として復活に至った。

■過去の受賞者
1992年:戸田奈津子(字幕翻訳者)
1993年:筈見有弘・渡辺祥子(映画評論家)
1994年:フランス映画社(映画会社)
1995年:山田洋次(映画監督)
1996年:井関惺(プロデューサー)
1997年:北野武(映画監督)
1998年:宮崎駿(※崎=たつさき)(映画監督)
1999年:古澤利夫(映画宣伝)
2000年:大島渚(映画監督)
2001年:原正人(プロデューサー)
2002年:久石譲 (映画音楽作曲家)
2003年:和田誠(映画監督/イラストレーター)
2004年:真田広之(俳優)
2005年:ジャッキー・チェン(俳優)
2006年:渡辺謙(俳優)
2007年:李鳳宇(プロデューサー)

このニュースに関するつぶやき

  • 誤解している人もいるけど淀川長治という人はとんでもなく頭が良い。「映画千夜一夜」という本を読むと分かる。対談相手の東京大学総長もやった知識の権威みたいな蓮實 重彦が、完全に子供扱いされている。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

ニュース設定