佐川急便、9月に「置き配」本格導入 LINEで届く「お届け予定通知」からも選択可能に

4

2024年07月10日 17:31  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

Webサービスの「スマートクラブ」や佐川急便の公式LINEアカウントから届く「お届け予定通知」から置き配を選択できる

 佐川急便は、玄関前などに荷物を届ける「置き配」を9月2日から本格導入する。再配達を減らし、ドライバー業務の効率化を図る狙い。


【その他の画像】


 対象は「飛脚宅配便」「飛脚ラージサイズ宅配便」「飛脚航空便」。利用者は、Webサービスの「スマートクラブ」や、佐川急便の公式LINEアカウントから届く「お届け予定通知」から置き配を選択できるようになる。


 スマートクラブの場合、ログイン後に荷物の受け取り方法として「置き配」を選択。さらに「指定可能な受け取り場所」から「玄関前」や「ガスメーターボックス」「車庫」などを選ぶ。


 佐川急便は2020年5月から、個別契約を結んだ送り主が出荷する荷物を対象として、受け取る人が置き配を選択できる「指定場所配送サービス」を提供してきたが、実際は「一部の限られたお荷物のみ」だった。


 置き配の本格導入で再配達を減らし、ドライバー業務の効率化を図ると共に、トラック輸送時のCO2削減なども期待できるという。同社は「引き続き持続可能な物流の実現に努める」としている。


このニュースに関するつぶやき

  • 玄関のエントランスを越えられないから、置き配は無理なんだよなあ・・・
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定