RADWIMPS野田洋次郎、軍国歌と批判浴びた「HINOMARU」の歌詞巡って謝罪

1766

2018年06月11日 21:11  KAI-YOU.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

KAI-YOU.net

写真 RADWIMPS野田洋次郎、軍国歌と批判浴びた「HINOMARU」の歌詞巡って謝罪
RADWIMPS野田洋次郎、軍国歌と批判浴びた「HINOMARU」の歌詞巡って謝罪
ロックバンド・RADWIMPSボーカルの野田洋次郎さんが、物議を醸していた新曲「HINOMARU」について、6月11日(月)、Twitterで謝罪文を投稿した。

【RADWIMPS野田洋次郎、軍国歌と批判浴びた「HINOMARU」の歌詞巡って謝罪の画像・動画をすべて見る】

「HINOMARU」の歌詞を巡っては、軍国歌を思わせるなどとして一部で批判されており、野田さんは「HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません」としながらも「傷ついた人達、すみませんでした」と謝罪している。

野田洋次郎、「HINOMARU」に軍国歌の意図はないとしながら謝意を表明



「HINOMARU」は、2018フジテレビ系サッカーのテーマ曲「カタルシスト」のシングルCDに収録されている曲で、6月6日にリリースされた。

リリース以降、「受け継がれし歴史」や「気高きこの御国の御霊」、「日出づる国」といった愛国的なフレーズや、「ひと時とて忘れやしない 帰るべきあなたのことを たとえこの身が滅ぶとて 幾々千代に さぁ咲き誇れ」といった歌詞について注目が集まった。

この歌詞に対して、「ただの愛国歌だ」という意見や「軍国歌を思わせる」あるいは「祖国のための自己犠牲精神が戦時を思わせるな」どと取り沙汰され、賛否両論を巻き起こした。

リリース当日、作詞・作曲を手がけた野田洋次郎さんは自身のInstagramで「世界の中で、日本は自分達の国のことを声を大にして歌ったりすることが少ない国に感じます。(中略)僕はだからこそ純粋に何の思想的な意味も、右も左もなく、この国のことを歌いたいと思いました」と、楽曲の背景について言及していた。

様々な報道が続く中、野田洋次郎さんはTwitterを更新して「この曲は日本の歌です。この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌」であって軍国歌という意識はないと否定。

歌詞には誰かを攻撃するような意図はなかったものの「戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました」と認め、謝意を表明した。



今回、野田洋次郎さんは、想定しない捉えられ方をされたことについて胸を痛め、改めてその意図を説明しつつも傷ついたという人へ配慮し、今後の自分の活動でその考えを伝えていきたいと示した。

1週間を経たずに投稿された本人の声明は実に迅速だった。

人間による表現である以上、音楽になんらかの思想性が含まれることは避けられない

しかし表現されたものはつくり手の思想そのものではなく、最終的にそこから何を読み取るかは受け手の自由で、読み取ったものに共感するのも拒絶するのも受け手の自由だ。

Sincerely. pic.twitter.com/NAc6PvQanX

— Yojiro Noda (@YojiNoda1) 2018年6月11日



ただし、こと炎上の様相を呈した時、そのメッセージを音楽で表現するべきアーティストであっても、自らも身を置くネット上で可視化された賛否に対して謝罪なり釈明なり、迅速な対応が求められる時代に突入しつつあることを端的に示している。

日本語・英語それぞれ画像でTwitterから投稿されている。日本語全文は以下となる。

戦争が嫌いです。暴力が嫌いです。
どんな国のどんな人種の人たちとも、手を取り合いたいです。
終戦記念日やその他の歴史的な事柄を語る時、アジア各国でライブをする度、僕はなるべく自分のメッセージを伝えてきたつもりです。
時代に逆行するのではなく、前進しようと。二度と繰り返してはいけないと。
HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません。
ありません。誰かに対する攻撃的な思想もありません。
そのような具体的な歌詞も含まれてません。この曲は日本の歌です。この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です。みんなが一つになれるような歌が作りたかったです。結果的にその曲で不快な想いをさせてしまった人がいたというのが何より悲しいです。
日本の歌を歌う上で歴史の上に成り立っているこの今の僕ら、その想いものせたかったので古語的な日本語を用いたのも一つの要因かもしれません。僕は色んな曲で古語を使うので自然な流れでした。
色んな人の意見を聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした。これが僕の気持ちです。一つの嘘もありません。これからのキャリアや行動でもそうであることを証明していくつもりです。
どうか、皆さんに伝わりますように。
この先も、僕なりに自分のメッセージを伝えていきます。音楽で、活動で、この世界のプラスになるエネルギーとなれるように頑張ります。 野田洋次郎さんのTwitterより日本語版全文

このニュースに関するつぶやき

  • 本日の(無届)デモの結果♪http://hosyusokuhou.jp/archives/48819601.html
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • こうやって言論の自由が無くなっていく。
    • イイネ!1007
    • コメント 29件

つぶやき一覧へ(1123件)

ニュース設定