ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 津川雅彦さん最後の主演作公開

津川雅彦さん最後の主演作が公開 行定勲監督、永瀬正敏らが思い出語る「ずっとご一緒したかった」

12

2018年10月12日 19:38  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』公開初日舞台あいさつで、津川雅彦さんへの思いを語った(左から)行定勲監督、永瀬正敏、シャリファ・アマニ、加藤雅也 (C)ORICON NewS inc.
映画『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』公開初日舞台あいさつで、津川雅彦さんへの思いを語った(左から)行定勲監督、永瀬正敏、シャリファ・アマニ、加藤雅也 (C)ORICON NewS inc.
 今年8月に78歳で亡くなった津川雅彦さんの最後の主演作にあたる『鳩 Pigeon』が含まれている、映画『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』公開初日舞台あいさつが12日、都内で行われた。マレーシアを舞台に老人とヘルパーの交流を描いた同作のメガホンを取った行定勲監督、共演者の永瀬正敏、シャリファ・アマニが津川さんとの思い出を語った。

【写真】津川さんが抱きしめてくれた…思い出語るシャリファ・アマニ

 行定監督は「津川さんは、本当はきょうの舞台あいさつにも立つ予定だったのですが、非常に残念です」とコメント。撮影時の様子については「マレーシアに入ってきた時から、すごくお痩せになっていました。ほとんど会話がなくて、現場に入ってから殺気立っている。もともとは大らかな方なのですが、かなり役作りで、アマニさんがコミュニケーションが取りづらくて、泣かされていました」と振り返った。

 当のアマニは「怖い(笑)。本当に迫力、存在感があって、集中していました」と笑顔を見せながら「涙を流したのは、悲しいよりも怒りをどう消化していいかわからなかったから。普通だったら、叫ぶんですけど、日本の有名な俳優さん相手に叫ぶことはできないので、感情のはけ口として涙が出ました」と真意を説明。

 そんな津川さんのやさしさに触れた瞬間があったようで「最後のシーンでカットがかかった瞬間、私を探してくれて、その時に初めて俳優として言葉を交わしました。私を抱きしめてくださったことを今でもいい思い出として覚えています」としみじみ。「東京国際映画祭の時に再会したのですが、東京での津川さんはとても陽気でした。レッドカーペットを歩く時にずっと手をつないで歩いていた。いい思い出で、私の心の中にはいつまでも住んでいます」と呼びかけた。

 永瀬も続けて「僕もとても複雑な役でしたし、津川さんも役になりきっていたので、コミュニケーションを取りにくかったです。僕は写真も撮るので、ずっとポートレートを撮るのを楽しみにしていたのですが、それもなかなかできないままで…。だけど、最終日にごあいさつしたら、ものすごくいい笑顔で、その時に限ってカメラを持ってなかったんです」と悔しがりながら「ずっとご一緒したかったので、監督には共演する機会を作っていただいて感謝しています」と言葉に力を込めていた。

 舞台あいさつにはそのほか、加藤雅也も登壇。同作は、東京・新宿ピカデリーなどできょう12日から18日まで上映される。

このニュースに関するつぶやき

  • ネトウヨに慕われたにも関わらずネトウヨは死んだら書かないね。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ネトウヨに慕われたにも関わらずネトウヨは死んだら書かないね。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定