ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 稲垣吾郎、配信ドラマ初主演

稲垣吾郎、配信ドラマ初主演 ゲストには草なぎ剛も出演「とても不思議な感じ」

38

2018年10月19日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真稲垣吾郎、配信ドラマ初主演 要潤、勝地涼と共演(C)2018東京BTH製作委員会
稲垣吾郎、配信ドラマ初主演 要潤、勝地涼と共演(C)2018東京BTH製作委員会
 俳優の稲垣吾郎が、Amazon Prime Videoの新番組シチュエーションバラエティードラマ『東京BTH〜TOKYO BLOOD TYPE HOUSE〜』(全10話 12月7日一挙配信)に主演することがわかった。稲垣がネット配信ドラマに主演するのは、今作が初となる。

【写真】稲垣吾郎主演映画『半世界』新場面カット

 鈴木おさむ氏が企画・脚本を手がける同シリーズでは、稲垣演じるO型のIT社長・ゴロー、要潤演じるA型の整体師・ジュン、勝地涼演じるAB型の花屋・リョウの3人が住むシェアハウスを舞台に、血液型をテーマにしたトークを展開。それぞれ自身と同じ血液型で役を演じるため、エピソードを通して出演者の素の表情も楽しむことができる。

 劇中にはプライベートトークをアドリブで行うシーンもあり、出演者の普段の様子が垣間見える演出も。シェアハウスの4人目の入居希望者として毎話ゲストを迎え、壇蜜、みやぞん、森崎ウィン、水嶋ヒロといったユニークなメンバーが登場するが、最終話には草なぎ剛がゲスト出演し、ドラマに華を添える。

 稲垣は今回のドラマ出演にあたって「今の時代にあった、新しい形のドラマができたという実感があり、とても楽しかったです。最終話に草なぎくんがゲストとして出演してくれたのですが、彼と一緒のお芝居はめったにないことなので、とても不思議な感じでした」とコメント。「現場で、みんなで作り上げた“手作り”な作品になったと思うので、ぜひ配信を楽しんでいただければ」と呼びかけた。

 共演者の要は「耐久レース並みのスケジュールでしたが、マラソンを完走した後のような達成感がありました。斬新な企画で、間違いなく記憶に残る作品になったので、自分自身も配信を楽しみにしています」と期待に胸をふくらませ、勝地も「膨大なせりふ量で、おぼえるのが大変でしたが、とても刺激的な毎日でした。今までに経験したことない撮影で、いろいろな可能性が広がると思いました。ぜひセカンドシーズンもやれればと思います」とアピールしていた。

■『東京BTH〜TOKYO BLOOD TYPE HOUSE〜』各話タイトル&ゲスト
#1「一緒に住むということ」ゲスト:柄本時生
#2「同居人はハリウッドスター?」ゲスト:森崎ウィン
#3「男と女 その間にあるもの」ゲスト:壇蜜
#4「仕事、家族、素顔、そして・・」ゲスト:水嶋ヒロ
#5「演技をするということ」ゲスト:皆川猿時
#6「芸能界一のクズ、現る」ゲスト:蛭子能収
#7「親子ってタイヘンだ」ゲスト:マリック親子
#8「台本の作り方」ゲスト:根本宗子
#9「緊急事態発生!」ゲスト:みやぞん
#10「さらば友よ」ゲスト:草なぎ剛


動画を別画面で再生する


このニュースに関するつぶやき

  • 前科一犯・・・
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • SMAP時代より楽しそうで何よりですね。
    • イイネ!13
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(14件)

あなたにおすすめ

ニュース設定