• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 終わってしまって、ガッカリですね。戦国物は面白いですから。次回作は近代。どうなるのかな?
    • 2021年02月09日 06:24
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 光秀は主君への謀反ということで あまり 人気がなく評価されてもいないが このドラマで 少し見方が変わるであろうね
    • 2021年02月08日 22:28
    • イイネ!18
    • コメント0
  • 大河「麒麟がくる」は未完のミステリー https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/02/08/kiji/20210208s00041000252000c.html
    • 2021年02月08日 21:02
    • イイネ!0
    • コメント5
  • 光秀生存説を匂わせていたから、信長も生存説で加賀に逃げ延びたに違いない
    • 2021年02月08日 13:23
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 別に新しくはない・・明智光秀という人物像があまりにもぼやけた存在(歴史の登場が本能寺の変のときぐらい)だから、三者三様の光秀像があるだけ・・無論本能寺しか知らん、ってっ人もいるんだろうけどね・・
    • 2021年02月08日 13:15
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 光秀農民に刺されて死ぬところ見たかったのに省略されて残念
    • 2021年02月08日 12:42
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 賛否両論ある終わりかたでしたが、私は支持します。みなさんお疲れ様と言いたい
    • 2021年02月08日 12:19
    • イイネ!0
    • コメント0
  • でも「主君殺し」「返り誅」した事は変わらんだろ。付近の勢力、誰もミッチー助けてねぇし人望ゼロなのも変わらんし。
    • 2021年02月08日 11:04
    • イイネ!1
    • コメント1
  • この明智一族から、細川ガラシャや、春日局の物語へと繋がってゆく。これぞまさに大河だね。
    • 2021年02月08日 11:01
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 本能寺の変を決意させるシーンの十兵衛の顔がかっこよかった。
    • 2021年02月08日 10:45
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 明智光秀は今まで逆臣としてのイメージしかなかったけど、今回の大河で信長のパワハラに耐えかねて、筋を通して行動したという立派な武将であるというイメージになったね。
    • 2021年02月08日 10:28
    • イイネ!1
    • コメント0
  • こんなに仲良しだったのに討つのか?だったけど納得させられた。光秀だけでなく「アホ」に描かれてきた将軍も名誉回復。信長も?だったけど良かった。楽しめた。女性がお人形さんでないのも良かった。 【麒麟がくる】
    • 2021年02月08日 10:18
    • イイネ!1
    • コメント1
  • 99.99飲みながら観ました。 うまい!
    • 2021年02月08日 10:17
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 個人的には、もともと荒木村重や松永久秀ほど「謀反人」のイメージはなかったなぁ。むしろ細川藤孝が最後、光秀に同調しなかった本当の理由が知りたい。
    • 2021年02月08日 10:07
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 長谷川さんの 光秀も 素晴らしかったのはもちろんだけど、信長の 染谷さんも 素晴らしかったよ。 こういう怖さの表現のやり方もあるんだと、目から鱗でしたわ(^^) つまり、1年2ヶ月 ハマってたって事ですけどね(笑)
    • 2021年02月08日 10:06
    • イイネ!3
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定