• このエントリーをはてなブックマークに追加

「5人目のビートルズ」が死去

632

2016年03月09日 16:30 ねとらぼ

  • 心から、心から感謝し、そしてご冥福をお祈り申し上げます。
    • 2016年03月09日 22:07
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 5人目のビートルズ? ある晴れた金曜日の朝 http://www.youtube.com/watch?v=V1ph5Xs-VK8
    • 2016年03月09日 22:03
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 95年に発表されたいわゆるビートルズの新曲、フリー・アズ・ア・バード。初めジョージ・プロデュースの予定が聴覚低下でジェフ・リンにバトンタッチ。今から考えるとジョージ・バージョンも聴きたかった気がします。
    • 2016年03月09日 22:03
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 今日は「ペニー・レイン」と「ストロベリーフィールズ」が脳内リピート中です。90歳って大往生ですね。。素晴らしい音楽をありがとう!
    • 2016年03月09日 21:59
    • イイネ!13
    • コメント0
  • 安らかにお眠りください。
    • 2016年03月09日 21:59
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 真っ先に、脳内にスタックリッジが流れた。90歳とは大往生ですね。安らかに。
    • 2016年03月09日 21:53
    • イイネ!6
    • コメント2
  • ストロベリーフィールズの1:00の繋ぎが自然過ぎて、とてもアナログ手法(テープ切り貼り)で繋いだとは思えません。ジョンの革新的な部分ってこの人の影響がかなり強いと思う
    • 2016年03月09日 21:44
    • イイネ!1
    • コメント1
  • 60年代、彼の書いたストリングス譜が如何に世界に衝撃を与えたことか・・・・RIP
    • 2016年03月09日 21:41
    • イイネ!1
    • コメント1
  • 「In My Life」の電子オルガンの間奏を聴くたびに、後期のビートルズはこの人のクラシックのセンスを取り入れて、ますます魅力的になったなあと思い出す。合掌。
    • 2016年03月09日 21:39
    • イイネ!1
    • コメント0
  • ジョージ・マーティン 『イン・マイ・ライフ』(1998) 輸入盤 ソロを聴く。参加アーティストがロビン・ウィリアムス、ゴールディ・ホーン、ジム・キャリーといったコメディアンというところにユーモリストな一面を垣間見ることができる。
    • 2016年03月09日 21:31
    • イイネ!4
    • コメント2
  • ビートルズを見出し、たくさんの素晴らしい曲たちをこの世に送り出した人。同時にユーモアと少しばかりの毒でいっぱい楽しませてくれた。ご冥福を祈ります。
    • 2016年03月09日 21:17
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 合掌。
    • 2016年03月09日 21:16
    • イイネ!0
    • コメント0
  • ご冥福をお祈りします この人なくしてビートルズは 出てこなかったかも��������
    • 2016年03月09日 21:05
    • イイネ!2
    • コメント0
  • まじか・・・! ってもう90歳でしたか。 ご冥福をお祈りいたします。  なんか、今日久々にビートルズ聴いてたんだよね。 本当に、素晴らしい作品をありがとう。
    • 2016年03月09日 21:03
    • イイネ!0
    • コメント0
  • レコード・デビュー前の音源を聞けば、初期のビートルズがいかに洗練されていなかったかが分かります。 ビートルズの魅力を整理整頓してくれたのがジョージ・マーティンだったと思います。 ご冥福をお祈りします。
    • 2016年03月09日 20:54
    • イイネ!24
    • コメント2

関連ワード

ニュース設定