ホーム > mixiニュース > 社会 > 常温常圧でアンモニア合成 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 原著を読んでいないが、制御が難しく、生産量が限られやすい酵素法ではなくて、酵素が構造内に持っていたモリブデンの触媒性を生かして合成に成功したということだね。自然も、研究者も、両方すごい。
    • 2019年04月25日 07:43
    • イイネ!19
    • コメント2
  • 人間も含めて生物は尿酸を作り出し、それを酸化してアンモニアが得られることはよく知られているが、常温常圧下で安価な触媒でアンモニアを工業的に低コストで作れたらそりゃ、ノーベル賞ものでは? https://mixi.at/a6RnKAa
    • 2019年04月25日 16:05
    • イイネ!17
    • コメント4
  • こりゃ驚いた、遂に常温まで来たか。 こりゃ肥料革命が起きるレベル。商用化も直ぐなのか?
    • 2019年04月25日 07:47
    • イイネ!12
    • コメント1
  • 世には体内でアンモニアをアミノ酸に変換できる動物もいるので、その仕組みの再現も目指してほしい。
    • 2019年04月25日 09:28
    • イイネ!11
    • コメント0
  • 空気からアンモニアが作れるようになるなら、あとちょっと頑張ればアミンが安価に大量に合成できる→そのうち空気と水を原料にタンパク質が作れる時代が来たりするのかな?
    • 2019年04月25日 08:25
    • イイネ!9
    • コメント2
  • 悪いけど無知でピンとこない。
    • 2019年04月25日 16:23
    • イイネ!8
    • コメント0
  • これは凄いな。
    • 2019年04月25日 07:12
    • イイネ!8
    • コメント0
  • 上手くいけば、科学革命だな、ノーベル賞超えてる
    • 2019年04月26日 01:30
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 人工の腎臓や膀胱みたいなもん?
    • 2019年04月25日 16:16
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 水から普通にアンモニア合成しているが……
    • 2019年04月25日 16:25
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 窒素分子は反応性に乏しいため多大なエネルギーか高価な触媒を要した。窒素固定細菌のニトロゲナーゼは常温だが、それでも多数のATP(エネルギー)を消費する…だからこれは素晴らしい研究です!
    • 2019年04月25日 21:29
    • イイネ!5
    • コメント2
  • このニュース反応薄いですけど、もし本当で実用になるのであれば物凄いニュースなんですけど。高効率で水素ガスを生成できる鍵になるかも知れません。素晴らしい。
    • 2019年04月25日 13:12
    • イイネ!5
    • コメント1
  • 空中窒素固定法( not キューティーハニー)
    • 2019年04月25日 12:23
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 逆に、100年間使われた手法を生み出した人が凄い… のですが、ハーバー博士の人生は…
    • 2019年04月25日 20:53
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 地味に凄い開発やないですか!
    • 2019年04月25日 11:12
    • イイネ!4
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定