ホーム > mixiニュース > トレンド > 商品化が実現「コオロギ醤油」 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 虫というとイヤな感じがするけど、コチニール色素とかセラックとか、既に私達は虫由来のものを食べてるんだよね。 https://mixi.at/ajAIte0
    • 2019年12月14日 08:28
    • イイネ!56
    • コメント32
  • ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ! 無理無理無理無理無理無理無理無理無理! ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
    • 2019年12月14日 03:41
    • イイネ!49
    • コメント19
  • なんでバッタなんかおれの床の中に入れた!そりゃイナゴぞなもし…私の大先輩や東京から来た教員が上の会話をしたかどうかは知らぬがイナゴは佃煮などで食べる。が、コオロギ?試し買い…女衆が予算を認めないか。
    • 2019年12月14日 09:08
    • イイネ!32
    • コメント3
  • タンパク質を発酵させて「醤」を作るのは良くやること。「国産のこだわりコウロギ」ってのはちょっと笑った。 https://mixi.at/ajAIte0
    • 2019年12月14日 09:33
    • イイネ!26
    • コメント0
  • 原料は安心の国産…ッと l||l(›ଳдଳ‹)l||l
    • 2019年12月14日 08:05
    • イイネ!23
    • コメント0
  • 昆虫食は低脂肪高蛋白で、将来予想される食糧難を解決する可能性を秘めてるそうですが…、見た目をどうにかして頂きたいです�������������ӻ�������
    • 2019年12月14日 08:14
    • イイネ!21
    • コメント12
  • イナゴの佃煮が平気なワシは、コオロギも平気だと思うが、わざわざ代替品を使う気はしない。ホントに大豆が無くなる日が来れば別。
    • 2019年12月14日 08:42
    • イイネ!17
    • コメント2
  • ANTCICADA(アントシカダ)という名称、ANTが蟻、CICADAが蝉。イソップの「アリとキリギリス」は元々「アリとセミ」だったのだが、それと関係あるのだろうか?
    • 2019年12月14日 04:14
    • イイネ!15
    • コメント2
  • イナゴの佃煮や野山の山草は結構食べた。それに比べたら旨味の効いた安全性の高い調味料になるのだろう。思わぬ薬効が有るかもしれない。後は価格次第だね���å��å�ぼったくりにならないように��
    • 2019年12月14日 12:05
    • イイネ!14
    • コメント3
  • 良質なタンパク源… なのは何となくわかる気がするが…どうにも私には受けつけないわ���顼�áʴ���… https://mixi.at/ajAIte0
    • 2019年12月14日 10:12
    • イイネ!14
    • コメント0
  • 地獄大使「し、首領!大変です!コオロギ醤油発売です!これを大量に買って…」首領「お前、ウチの科学者信じて無いな…���顼�áʴ���
    • 2019年12月14日 08:26
    • イイネ!10
    • コメント4
  • コオロギ醤油って いつか使う日がくるかもしれないが ネーミング どうにかならへん!?
    • 2019年12月14日 08:03
    • イイネ!10
    • コメント2
  • ���ä���
    • 2019年12月14日 08:27
    • イイネ!9
    • コメント0
  • ご興味のある方はぜひどうぞ。 私はちょっと・・・
    • 2019年12月15日 04:35
    • イイネ!8
    • コメント2
  • コオロギ、って言わなきゃ使えるかもしれない… 原形をとどめてるのは流石に無理かな(^o^;)
    • 2019年12月14日 08:53
    • イイネ!8
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ニュース設定