ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 布団の中で目覚めのストレッチ

朝3分!布団の中でできる「目覚めすっきりストレッチ」

74

2019年01月30日 19:30  つやプラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

寒い日は、温かい布団からなかなか抜け出しにくいものですよね。しかし、大きな関節や筋肉をほぐして巡りを良くすると、身体が動きやすい状態になり、スムーズに起きることができます。

巡りが良くなると脳にも酸素が運ばれ、すっきり起きることができますよ。

日本ウォーキングセラピスト協会代表理事の筆者が、布団のなかでできる「目覚めのストレッチ」をご紹介します。

■布団の中でできる「目覚めのストレッチ」

仰向けになって片方のひざをおり、30秒キープします。太もも前面と鼠径部が伸びていることを感じてください。反対側も同様に行います

(1)仰向けになって片方のひざをおり、30秒キープします。太もも前面と鼠径部が伸びていることを感じてください。反対側も同様に行います。

※ひざに痛みがある方は、行わないでください。

うつ伏せになり、片方のひざを曲げます。曲げた足の股関節が気持ちいい範囲で曲げましょう

(2)うつ伏せになり、片方のひざを曲げます。曲げた足の股関節が気持ちいい範囲で曲げましょう。

肘とひざを近づけ、30秒キープします。反対側の体側が伸びるのを感じてください。反対側も同様に行います

(3)肘とひざを近づけ、30秒キープします。反対側の体側が伸びるのを感じてください。反対側の足も同様に行います。

最後にひざを折り、かかとにお尻をつけて両手を伸ばし、気持ちいい範囲で身体を伸ばします

(4)最後にひざを折り、かかとにお尻をつけて両手を伸ばし、気持ちいいと感じるだけの時間をかけて、身体を伸ばします。ストレッチの時は、呼吸を止めずに行いましょう。

ご紹介したストレッチは、3分ほどで手軽にできるものです。ぜひ、お試しください。

ストレッチのほかにも、起きた時に部屋を温めておくと、ベッドから動きやすくなります。また、あたたかいスープをいただくと、身体の内側から温まります。さまざまな方法で身体を温めて、気持ちのいい一日のスタートを切りましょう。

(日本ウォーキングセラピスト協会代表理事 長坂靖子
10代でミス日本、準ミスワールド日本代表選出。モデル活動を経てウォーキング講師となる。出産を機に健康ウォーキング、ストレッチ講座を展開。「姿勢力」等著書多数。美容番組MC等活動は多岐に及ぶ。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 朝、なかなか起きられないから試してみたいです。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 起きなきゃ…でも眠い…起きなきゃ…でも眠い…を繰り返してるとこんな感じのストレッチしてる気がする(笑)
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(17件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定