ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 映画秘宝が選ぶ平成映画BEST10

平成映画ナンバーワンにマッドマックス!映画秘宝が30年のベスト10発表

87

2019年03月20日 12:00  シネマトゥデイ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真表紙はイモータン・ジョーさま! 「映画秘宝」2019年5月号
表紙はイモータン・ジョーさま! 「映画秘宝」2019年5月号

 映画専門雑誌「映画秘宝」(洋泉社)が、20日発売の2019年5月号で、平成の映画史を総括する特集「平成の傑作映画100!」を掲載。1989年〜2019 年までの30年間から「編集部が独断と偏見で選ぶ」平成映画ベスト10を発表した。


 「映画秘宝」は、現・映画評論家の町山智浩が1995年にワンテーマのA5判ムックとして創刊。1999年にA4判の隔月刊雑誌としてリニューアルし、2002年に月刊化した。そんな同誌が30年間のベスト1に選んだのは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年)。アクション映画の枠におさまらず、国内外を問わず映画界を席巻した作品なだけに、納得の1位といえそうだ。


 そのほか2位に『バットマン リターンズ』、3位に『ファイト・クラブ』、4位に『スターシップ・トゥルーパーズ』、5位に『パシフィック・リム』など、アクション、ホラー、SF映画などジャンル映画の価値を訴えてきた秘宝らしいベスト10を決定。誌面では、町山をはじめ、柳下毅一郎、高橋ヨシキ、滝本誠、ギンティ小林ら執筆陣が作品の魅力を解説する。


 また「平成ベスト・ガール」に女優・林由美香、「平成ベスト・ガイ」に「沈黙」シリーズのスティーヴン・セガールを選ぶなど、ジャンル別でも平成を総括。『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督が選ぶ「平成海外コメディベスト5」をはじめ、「平成映画ポスター・ベスト5」「映画パンフ・ベスト5」「ベスト映画ロボ25選」「ガンアクション・ベスト10」「サメ映画ベスト5」「ヒドい邦題トホホ3」など、テーマ別ベスト5も併せて決定する。


映画専門雑誌「映画秘宝」2019年5月号は発売中 洋泉社刊 定価1,180円(税込)


「映画秘宝」が選ぶ問答無用の平成映画ベスト10


1 位 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年)

2 位 『バットマン リターンズ』(1992年)

3 位 『ファイト・クラブ』(1999年)

4 位 『スターシップ・トゥルーパーズ』(1997 年)

5 位 『パシフィック・リム』(2013年)

6 位 『デス・プルーフ in グラインドハウス』(2007年)

7 位 『3-4X10月』(1990年)

8 位 『オーディション』(1999年)

9 位 『愛のむきだし』(2008年)

10位『この世界の片隅に』(2016年)

次点 『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』(1997年)


【関連情報】
【動画】まさに狂気『マッドマックス 怒りのデス・ロード』メイキング映像
2018年最もトホホな映画とベスト映画発表!話題の邦画が名誉の2冠 - 映画秘宝
シネマトゥデイが選ぶ映画ベスト20(2018年)

このニュースに関するつぶやき

  • (・д・)ノま、人の感性って色々だからね
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • えええ?!平成映画って邦画縛りじゃなきゃ意味なくない? https://mixi.at/a5a8p3p
    • イイネ!26
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(54件)

あなたにおすすめ

ニュース設定