ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 土屋太鳳が夢のシーンを実現!『バンブルビー』公開記念舞台挨拶レポート

土屋太鳳が夢のシーンを実現!『バンブルビー』公開記念舞台挨拶レポート

0

2019年03月24日 10:11  BOOK STAND

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

BOOK STAND

写真『バンブルビー』公開舞台挨拶の模様
『バンブルビー』公開舞台挨拶の模様
 3月22日に(金)に公開され、早くも話題沸騰中の『バンブルビー』。世界的に大ヒットした『トランスフォーマー』シリーズの"はじまり"を描き、同シリーズキャラクターで最も人気を誇るバンブルビーに焦点を当てた感動作です。日本公開を記念し、六本木の映画館に超豪華声優陣陣が集結! 舞台挨拶が行われ、土屋太鳳さん(チャーリー役)、志尊淳さん(メモ役)、木村良平さん(バンブルビー役)、悠木碧さん(シャッター役)、濱野大輝さん(ドロップキック役)、土屋神葉さん(トリップ役)、そしてバンブルビーが登壇しました。

出演者たちは、バンブルビーとハイタッチして舞台上に登壇。土屋太鳳さんは「私自身、この作品に救われながら、チャーリーとして生きることができました。この作品の勇気や愛がやっと日本に届くんだなと思うと本当に嬉しいです。この喜びをみなさんとご一緒できたらと思います」と挨拶。




先日のプレミアで「ヘイリーは本当に実在するんだ」と志尊さん

豪華な声優陣と一緒に仕事をした感想を聞かれた土屋太鳳さん。ちなみに太鳳さん、初めて声の演技に挑戦したときも悠木さんと共演したそうで、そのときのことを振り返り「舞台などで悩んでいるときもずっと悠木さんの作品を拝見して、乗り越えてきましたし、本当に今回チャーリーでどうしようかなって悩んだときも悠木さんの声をきいて。とても嬉しいです。今日は先輩方と同じ場所で空気を吸いたいと思います」と感謝の意を述べました。
悠木さんは、「嬉しいです!覚えていてもらえた!こちらこそ、太鳳ちゃんなんてテレビつけて観ない日はないし、丁寧に接してくれる素敵な役者さん。本当にお芝居の取り組み方としても勉強になったので、ご一緒できることが嬉しかったです」とお互い良い刺激になったお仕事場のようでした。

また志尊淳さんは、先日のジャパンプレミアでヘイリー・スタインフェルドと実際に会ったときの感想を聞かれ、「ヘンリーをハリウッドの作品で拝見させていただいていたので、本当に実在するんだなって。同じ作品で携わっていたというよりも、ちょっとミーハー心をくすぐられて『会えた!』っていう気持ちの方が強かったですね」とコメント。


実写でも声を担当する木村さん「親近感が湧く」

アニメーションでもずっとバンブルビーの声を担当してきた木村さんは、改めて今回の感想を聞かれ「実写映画では喋らないと聞いていたので、やれる日はないんだろうなと思っていましたが、嬉しいもんですよね」と夢の実現について語ってくれました。「作品を通して愛着がわいている感じがするんですけど、そのキャラクターそのものに親近感が湧くというか。嬉しいですね、本当に」(木村さん)

また今回、バンブルビーの敵、シャッターを演じた悠木さんですが、実はかねてからバンブルビー愛を公言されていたそう。「攻撃をするっていうことは、バンブルビーに触れられるっていうことなので、すごい光栄と思いました!」と興奮気味でコメント。悠木さんは本作製作が発表された際、自分の推しがスピンオフになったこと自体に驚いたそう。「時間がある限りは(映画館に)通いつめて興行収入に貢献していきたいと思っています」とファンとしての心境を明かし、会場には笑いが湧きました。

シャッターと共に地球にやってくるドロップキックを演じた濱野大輝さん。見どころを聞かれ「シャッターもドロップキックもトリプルチェンジャーという結構レアなトランスフォーマーなので、そこの変身シーン」と回答。「強さを注目していただけたらと思います」(濱野さん)。


土屋姉弟の気になる関係とは......!?

この日は、実弟の神葉さんとイベント初共演でもあった太鳳さん。先日のジャパンプレミアでは、太鳳さんが「チャーリーと弟の関係に自分と通じるものがあった」とコメントしていましたが、それについて弟の神葉さんがコメント。「切羽詰まっていてパワーをもらいたいときに、『ちょっとお肉食べない?』って姉を誘って、美味しいところに色々行かせてもらっています。持ちつ持たれつという関係です」と姉弟の絆や仲の良さを語ってくれました。

そんなほっこりな一幕もありながら、舞台は夢のシーンに。バンブルビー、土屋太鳳さん、木村さんが舞台に揃ったということで、劇中シーンがスペシャルバージョンとして生再現されたのです!



「実際にこうやって自分でビーの顔を触ることができて本当に嬉しい」と感激した様子の太鳳さん。木村さんも「同じシーンができるなんて感無量です!」とコメント。生の演技に会場には拍手の音が響き渡りました。

最後に太鳳さんは「この作品はトランスフォーマーの始まりの物語であると同時に、見てくださる人の心になにかが芽生える物語だと思います。今の時代、たくさんの人が心の疲れや傷が癒やされないまま踏ん張っていると思います。このバンブルビーという世界を通して、勇気や元気を感じていただいたら嬉しいです」とコメント。終始癒やしキャラの太鳳さんでした!

最後のハグに会場も大盛り上がり!

ちなみに、本作は2019年初の世界興行収入ナンバーワンを獲得(1/5-6週末世界興行収入 Variety調べ)。字幕版でも吹替版でも楽しめるエンターテイメント超大作、ぜひ大スクリーンで体感してみてくださいね!

(取材・文・写真/トキエス)

***

『バンブルビー』
3月23日(金)より公開中!

監督:トラヴィス・ナイト
脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
キャスト:ヘイリー・スタインフェルド、ジョン・シナ、ジョージ・レンデボーグJr.、ジョン・オーティス、ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー
配給:東和ピクチャーズ

原題:Bumblebee
公式サイト:http://bumblebeemovie.jp/
(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.


>>元の記事を見る

    あなたにおすすめ

    ニュース設定