ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > TV界の「ご意見番」いつから

指原、一茂、高嶋ちさ子も有力候補? テレビ界「ご意見番」に世代交代の動き

92

2019年05月21日 08:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真すでに大御所の風格?指原莉乃 (c)朝日新聞社
すでに大御所の風格?指原莉乃 (c)朝日新聞社
 テレビの情報番組などで、そのときの話題に対する“まとめ”的な見解を求められるのが“ご意見番”といわれる人物だ。「〇〇界のご意見番」として、有名人が発言したコメント内容がそのままニュースとして流れることも少なくない。

【写真】デヴィ夫人のコメントは「怒りがエネルギー」

「政界、スポーツ界、芸能界など、その世界のプロ、先達者が“ご意見番”として独自の視点でコメントするのは情報番組ではよくあることです。最近はその分野の専門ではない事柄や社会問題について、世相を斬るようなコメントを求められる場面も多く、発言を求められる側の中には居心地の悪さを感じる人も多いようです。中には、発言の一部を切り取られてネット上で炎上してしまうケースもありますからね」(テレビ局関係者)

『広辞苑』(岩波書店)によれば「御意見番」とは「権力者・有力者に対し、忌憚なく意見・忠告する人」と記されている。

 ORICON NEWSが5月10日に発表した「好きな“芸能界のご意見番ランキング”」(こんなランキングがあることに驚きだが)によると、マツコ・デラックスをはじめ、和田アキ子、梅沢富美男、松本人志、坂上忍、明石家さんまと文字通り“大物”の名前が並んだ。

「スポーツ界でいえば張本勲氏ややくみつる氏、政界でいえば橋下徹氏、教育界なら尾木直樹氏といった方が今ののテレビ界の“ご意見番”と言えます」

 そう話すのはスポーツ紙記者。

「最近、和田がラジオで華原朋美の妊娠に対して『結婚はしてないけどお子さんは6カ月。ふーん……。まあ、あの、うれしいですけど。別に、あの……。何かようわかりませんね』
といったコメントが炎上しました。芸能界では和田の他にも美川憲一や上沼恵美子なども“ご意見番”と呼ばれ、その発言が物議を醸すこともしばしば。確かに独特の切り口で、時には厳しい言葉が並びますが、大御所クラスの経験者だから言えるということもあります」(同前)

 そもそも「〇〇のご意見番」とはいつから、誰がいつ呼び始めたのか?


 芸能リポーターの川内天子さんは次のように話す。

「いわゆる毒舌コメントの走りは、おすぎとピーコだったと思います。聞いていて小気味よくて、ちょっと辛口、でもどこか本質をついている、というコメントをしていました。そこから、いわゆる大御所さんが後輩に向けて叱咤激励をするうちに、“ご意見番”になっていったのではないでしょうか。ただマツコさんも梅沢さんも、きつい言葉の中にも必ず救いを添えるんです。炎上してこそご意見番ともいいますが、彼らはブレないし、言ったことを撤回しない。だからこそテレビの世界で求められるのかもしれません」

 ちなみに令和の新ご意見番として名前が挙がっているのが、「指原莉乃、出川哲朗、有吉弘行」(川内さん)、「長嶋一茂、高嶋ちさ子」(テレビ誌ライター)だという。

「共通するのは、なかなか言いにくいことも真正面から言ってくれる存在であること」(同前・スポーツ紙記者)

ご意見番も世代交代が始まりそうだ。(坂口友香)

このニュースに関するつぶやき

  • ☆ テレビ局(&新聞社)自身が意見を言うと、左右両方のイカレた輩から総攻撃をくらうからだろ?中立的存在なぞ皆無なくせに(毒) 芸能人を盾かつ隠れ蓑にしてどうする?
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ただし殆どは無知で思い込みだけで話してる。私のような知識豊富な有識者が本来は望ましいのだが。
    • イイネ!102
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(69件)

あなたにおすすめ

ニュース設定