ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 乃木坂46佐々木琴子、伊藤かりんの卒業に「泣きそう」 アンダーライブ“最後のリハーサル”を振り返る

乃木坂46佐々木琴子、伊藤かりんの卒業に「泣きそう」 アンダーライブ“最後のリハーサル”を振り返る

0

2019年05月30日 11:01  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 乃木坂46のメンバーが、毎週月曜〜金曜に日替わりで出演するライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび』。5月29日の配信には佐々木琴子が登場した。


(参考:乃木坂46高山一実、YouTubeチャンネル「QuizKnock」にハマっていることを告白「全部面白い」) 


 まずは毎回恒例となっている宿題のコーナーから。前回配信を担当した高山一実は宿題用のフリップボードに「私とロシア料理を食べに行きませんか? もしOKであれば『OK』(ぼくじょう)と言って下さい!」と記載していた。なお、この宿題が出された背景には、ちょっとしたエピソードがあるらしい。


 佐々木によると、2〜3年前にテレビ局のメイク室でメイクさんにロシア料理のお店に行ったことを話していたところ、隣にいた高山が「私も行ってみたい」と言い、一緒に行く約束をしたのだという。しかし、しばらく経っても約束が実現されなかったため、佐々木は「あ、なくなったか〜」と思っていたのだとか。


 このような経緯があってこの度、改めて高山から「ロシア料理を食べに行きませんか?」というお誘いがあったことで、佐々木は「OKです! OK牧場です!」と笑顔で即答。続けて「こうやって『のぎおび』を介して、誘っていただけたということはすごくうれしいです。私、一人でしかロシア料理屋さんに行ったことがないので」と話し「どこが良いんだろう? お店によっても揃えてあるメニューの系統が大分違うからなぁ……まぁ、高山さんが行きやすいところというか、好きそうなところに行けたらいいなぁ〜と思います」と、先輩である高山をもてなすべくアレコレ思案していた。


 けれども以前、生田絵梨花から同じように『のぎおび』の宿題で「カラオケに行こう」と誘われたものの、まだ実現していないことを引き合いに出し、「これもなくなる可能性はある」と、やや悲観しつつも「まぁ、暇なときに……自分から誘うのが苦手なので、誘ってもらえたらいいなぁ……楽しみにしています」と控えめに願望を口にしていた。


 次に近況トークとして、5月24日〜26日に横浜アリーナにて開催された「乃木坂46 23rdシングル「Sing Out!」発売記念ライブの話題に。佐々木は24日のアンダーライブにアンダーメンバーとして、26日の選抜ライブには松村沙友理率いる「さゆりんご軍団」として参加していた。


 今回のアンダーライブは、同じ乃木坂2期生で苦楽を共にしてきた伊藤かりんの卒業公演でもある。普段はクールな佐々木だが、さすがにそのリハーサルの時には「あ、これでリハーサルをかりんちゃんとやるのが最後なんだなって思って、泣きそうになりました」と告白。また、26日にさゆりんご軍団として出演した際、松村が「50年後に武道館に立つことを目標にする」と宣言していたことについて「私、その時、70歳で武道館でやる体力が残っているかわからないんですけど」としつつ「ファンの方のほうが年上の方が多そうだから……皆さん、健康な身体でいてくださいね(笑)」と呼びかけていた。


 ラストには、本日木曜日の配信を担当する松村沙友理への宿題を決めることに。「とりあえず名前書くか……」とフリップボードに「軍団長へ」とペンを走らせた佐々木は「りんごの好きな品種を教えてください。服軍団長より」と記載して配信を締めくくった。


(こじへい)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定