ホーム > mixiニュース > 社会 > 老後「2000万円」議論再開へ

「2000万円」報告書、議論再開へ=来春取りまとめ目指す−金融庁

391

2019年09月18日 21:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 金融庁は18日、金融審議会(首相の諮問機関)総会を25日に開催すると発表した。老後資金として2000万円が必要だと試算して論争を呼んだ報告書をベースに、来春にも資産形成に焦点を当てた新たな報告書の取りまとめを目指す。

 総会では今年6月に報告書を実際に作成した作業部会が、さらに議論を深める形で新たな報告書を作る方針を説明。作業部会は10月に再開される予定で、年金や老後資金の必要額に触れずに、「人生100年時代」に備える長期的な資産形成や、高齢者向け金融サービスの在り方を議論する。顧客本位の商品・サービス提供をめぐり、金融界の対応をより深めるための制度や枠組みづくりについても検討する見通し。 

このニュースに関するつぶやき

  • 受け取ってたとしても、金融機関関係者が委員だった上で、財政検証更新年度でかつ所得代替の好転が見込まれてた以上、赤字額大きく見せ利益誘導したって叩かれ兼ねない案件。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 日々の生活で手一杯なのに貯められるか…(呆)
    • イイネ!114
    • コメント 14件

つぶやき一覧へ(268件)

あなたにおすすめ

ニュース設定