ホーム > mixiニュース > トレンド > 「RAV4」が令和初の日本COTYに

トヨタ車選出は10年ぶり。復活の『RAV4』日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-20受賞

92

2019年12月06日 14:21  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真第40回2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した『トヨタRAV4』
第40回2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した『トヨタRAV4』
 12月6日、東京都江東区にある東京国際交流館で『2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー』の最終選考会が行われ、トヨタが販売するSUV『RAV4』が令和初の日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。トヨタ車の受賞は、第30回2009-2010日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲った3代目プリウス以来、10年ぶりだ。

 そのほかイノベーション部門賞にはニッサン・スカイライン、エモーショナル部門賞にはジープ・ラングラー、スモールモビリティ部門賞には、ニッサン・デイズ/ミツビシeKクロス/eKワゴンが選ばれた。

 1994年に初代が登場したトヨタRAV4は、乗用車タイプのSUVのパイオニア的存在。一時、日本市場での販売は見送られていたが、2019年4月のフルモデルチェンジで、5代目が登場したタイミングで、販売が復活した。
 
“力強さと実用性を兼ね備えた4WD”を開発コンセプトに、外観はダイナミックなデザインでまとめられ、全体的にタフなイメージを放っている。フロントフェイスは通常版のほかに、よりパワフルさを主張するため専用フロントグリル&フロントバンパーを採用した“アドベンチャー(Adventure)”グレードも用意し、ふたつのタイプが存在する。

 パワートレインはTNGAプラットフォームで共有される2.0リッター直4直噴エンジン+CVTと2.5リッターハイブリッドの2種類を用意。4WD車には世界初となる“ダイナックトルクベクタリングAWD”を採用するなど、使い手の好みに合わせて3種類の4WDシステムから選択できるラインナップを展開。

 新型RAV4の受注台数は、2019年4月10日の発売からおよそひと月後の同年5月15日時点で、約2万4000台を達成しており、月間販売目標の3000台を大きく上回る。その後も人気は継続している。

 また、今秋アメリカで開催されたロサンゼルス・オートショーでは、RAV4のプラグインハイブリッド車(PHV)である『RAV4プライム』(米国車名・米国仕様)も世界初披露された。RAV4のPHVは、米国および日本では2020年夏、欧州では2020年後半から発売予定だ。

 6日に行われた2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーで436票を獲得したRAV4は、総合3位となる290票を得てインポートカー・オブ・ザ・イヤーを獲得した『BMW 3シリーズ セダン』や、328票で総合2位となった『マツダ3』との戦いを見事制し、第40回目のイヤーカーに輝いている。

 2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤーの受賞に際して、トヨタ自動車・製品企画/チーフエンジニア佐伯禎一氏は「2019年4月にRAV4を発表して以来、ここにいるジャーナリストの皆さんから、良いアドバイスから辛口のコメントまで、さまざまな意見を頂戴しました」とコメント。

「今回の受賞は、RAV4というクルマの良し悪しだけではなく、トヨタ車全体、そして日本の自動車メーカー全体のもの作りへのエールだと捉えています。また『明日からがんばろう』という勇気をいただきました。本当にありがとうございました」

このニュースに関するつぶやき

  • RJCがデイズ=eKでJCOTYがRAV4…大丈夫なのか?ガラパゴス自動車産業は衰退しかない…スゲー心配(汗)日本車は今や世界最高峰レベルの高品質なのに国内で売れているのは…がっかりです…
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ×「カー オブ ザ イヤー 」○「(選考員への)接待 オブ ザ イヤー」 こんな賞を貰った車を積極的に買おうとするユーザーって、最早誰もいないんじゃないの?(笑)
    • イイネ!30
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(64件)

あなたにおすすめ

ニュース設定