ホーム > mixiニュース > トレンド > 国鉄型電車117系に乗ってきた

「WEST EXPRESS 銀河」で再び脚光 いまだ元気に現役、“昭和イケメン”な国鉄型電車「117系」に乗ってきた

68

2020年02月18日 11:13  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真WEST EXPRESS 銀河のベース車両、国鉄型「117系電車」
WEST EXPRESS 銀河のベース車両、国鉄型「117系電車」

 鉄道ファンを魅了し続けてきたベテランの国鉄型車両「117系」に、再びスポットが当たっています。



【画像】レトロでセピア色 不思議な感じ…「117系」車内の様子



 それは、2020年5月にJR西日本から新しい長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」が誕生するからです。WEST EXPRESS 銀河はかなり豪華な車内設備とともに「通常の特急料金で乗車できる」「夜行運行する」「寝台がある」などの特徴で、「ブルートレインの思い出がよみがえる……」などと多くのファンの期待を集めている新しい長距離列車。1979年にデビューした117系は、このWEST EXPRESS 銀河の種車です。



 今回は楽しみなWEST EXPRESS 銀河のデビューを前にこの117系の魅力をあらためて確認すべく、いまだ現役として普通に運行する滋賀県は琵琶湖の西側を走るJR湖西線(山科〜近江塩津)へ足を伸ばしてみました。



●1979年に東海道・山陽本線の「新快速」電車として誕生したベテラン「117系電車」



 117系はJR西日本で活躍する近郊型電車です。国鉄時代の1979(昭和54)年に東海道・山陽本線の「新快速」向け電車としてデビューしました。当時の国鉄は並行する阪急電車や京阪電車に車両の快適性で歯が立たない状況でした。そこで、当時活躍していた阪急6300系や京阪3000系に負けない電車として製造されました。



 117系の最大の特徴は、近郊型電車ながら「2扉転換クロスシートスタイル」を採用したことです。従来の113系や115系といった近郊型電車は3扉直角ボックスシート型が当たり前。そんな中で117系の斬新な車内レイアウトは当時の人々をアッと驚かせたそうです。



 外装も従来の近郊型電車から大きく変わり「パノラミック2枚窓非貫通」のスタイルを、台車も特急/急行型車両と同じ空気ばね台車を採用しました。2021年に引退予定である特急「踊り子」などに使われた特急型車両「185系」(1981年デビュー)はこの117系をベースに設計されたことでも知られます。



 117系は1980年までに東海道・山陽本線の新快速を全面的に置き換えて、1982年から中京地区にも進出しながら活躍しました。そして、2020年現在もJR湖西線や山陽本線などで現役で走っています。



●乗るだけで体感できる「レトロでセピア色の鉄旅」



 では117系を楽しみましょう。今回はJR湖西線の近江舞子駅から乗りました。



 乗った列車は近江舞子15時17分発の普通京都行き。ホームの端で待っていると緑色の117系が入線してきました。デビュー当時はクリーム色に茶帯の塗装でしたが、京都地区の117系は緑色になっています。



 やはり、特急列車を思わせるパノラミック2枚窓非貫通の前面形状はいつ見てもカッコイイです。中央の種別幕表示機も特急のヘッドマークのよう。立派に「普通」を主張しています。



 117系は1979年から1986年にかけて製造されました。その間にマイナーチェンジを受けており、側面の窓が2枚窓である車両が初期車(0番台)です。



 一方「一段下降窓」と呼ばれる窓を採用したタイプは後期車(100番台、200番台)です。他にも台車や車内設備の一部に変更が行われています。



 117系を外から愛でるならば、側面の種別・行先方向幕表示機にもちょっと注目です。同じく古い103系や113系などの国鉄型電車で見られる「1枚の幕」で表示する一般的なタイプに対して、117系は種別と行先の幕が中で分けられており、個別に組み合わせて表示できる進化型になっています。



 JR湖西線のドア開閉は「手動」です(冬季の長時間停車時)。ドア横の開閉ボタンで乗客が操作する半自動ドアの車両は珍しくありませんが、117系のドアは普通に手動です。手で鉄道のドアを開ける感じが珍体験で何とも言えません。



 今回乗った117系は転換クロスシートとロングシートを組み合わせた車両でした。ドア周りがロングシートの車両はJR発足後、福知山線(尼崎〜福知山)の快速に投入した際に混雑対策として改造され、300番台を名乗っているものです。



 茶色の転換クロスシートに腰を下ろします。まるでソファのような、ソフトで上質な座り心地。113系のような直角ボックスシートとは大違いです。



 車端部の壁は木目調になっていました。これは阪急電車を意識したのでしょうか。そして、京都方面の1両目には「昔ながら」の和式トイレも設置されていました。



 当日、車内1両目は筆者のみの貸し切り状態で夢心地。上を見上げると蛍光灯カバーが付いているのに気が付きました。当時の国鉄型近郊型・通勤型電車は蛍光灯カバーなどない剥き出し仕様だったので、こういったところからも117系が上級志向の破格仕様であったことが伺えます。



 進行方向左側に琵琶湖が見えます。天気が良ければ美しく青い琵琶湖の様子を楽しめます。



 一方、進行方向右側には比良の山々が目に飛び込んできます。湖と山を一度にまとめて楽しめるのが湖西線の魅力。普通列車は特急列車より速度が遅い分、美しい車窓をたっぷりと楽しめます。



 117系のような古い車両に乗った鉄道旅で忘れてはならないのが「駅弁」です。今回は近江今津駅の「西友(にしとも)のうなぎ弁当」を食べました。意外と歯ごたえがあり、素朴な味わいでした。



 堅田駅で後続の新快速に追い抜かれつつ、終着の京都駅に16時4分着。隣のホームには同じく古い国鉄型の113系が止まっていました。令和の時代になっても、京都駅のような大ターミナル駅で国鉄型車両に出会えただなんて。それだけで何だかうれしくなります。



 JR湖西線で「117系を狙って乗る」ならば、朝か夕方の時間帯にするのがお勧めです。そして、駅の電光掲示板で「黄○」という表示を見つけてください。その表示が出たら117系が入線してきます。



●近江今津駅で昭和44年の「江若鉄道の跡」も感じられる



 今回は湖西線でレトロな117系に乗ったついでに、江若鉄道の旧近江今津駅駅舎にも訪れました。



 江若鉄道はかつて湖西地方の足として浜大津と近江今津を結んでいた路線です。湖西線の建設が決定したため、1969年に廃線となりました。



 湖西線の近江今津駅から5分ほど歩くと、背の高い三角屋根の木造の建物が見えてきます。これが江若鉄道の旧近江今津駅舎です。江若鉄道の廃線から早51年(2020年2月時点)、同鉄道で現存する唯一の駅舎跡です。



 旧駅舎は1930年に建てられました。よく観察すると、おしゃれな窓枠に目が止まります。当時のとても華やかな様子が浮かんでくるようです。



 この旧駅舎は一時期、老朽化のために解体の話も上がりましたが、地元住民の皆さんが努力して保存活動を行っています。旧駅舎には江若鉄道の当時の貴重な写真ポスターも飾られていました。今後も残っていてほしいものです。



--



 湖西線は京都駅に乗り入れているため、遠方からでも比較的アクセスしやすい路線です。参考までに京都〜近江今津間の所要時間は新快速で約50分、普通列車で約70分(昼間時間帯)。運賃は片道990円です。京都観光、琵琶湖観光の合間に訪れてみませんか。



(新田浩之)


このニュースに関するつぶやき

  • 某大都会では快速列車で現役なんですがそれは…������ しかし、アレまで末期色に塗りたくらんでもよかったじゃろうに…�㤭��
    • イイネ!8
    • コメント 0件
  • �ż��Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • イイネ!18
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(28件)

あなたにおすすめ

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定