元サラリーマンの声優・森嶋秀太、共演者のスーツ姿に照れ「カッコいい」

1

2020年07月04日 15:08  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『シュウカツ4 人狼面接』舞台あいさつ付き先行上映会に登場した森嶋秀太
映画『シュウカツ4 人狼面接』舞台あいさつ付き先行上映会に登場した森嶋秀太
 俳優の太田将熙、正木郁、安里勇哉、松田昇大、声優の伊藤昌弘、森嶋秀太、株元英彰が4日、都内で行われた映画『シュウカツ4 人狼面接』舞台あいさつ付き先行上映会に登場した。

【個別写真】スーツ姿にファン歓喜!若手イケメン俳優&声優が集結

 同作は、ブラック企業のみならず謎の学生たちに振り回される若者たちの内定を巡る先の見えない心理戦を描いた物語。すべての謎をクリアし内定を獲得するのは誰になるのか? アニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』(伊藤、森嶋)、舞台『刀剣乱舞』(次回作主演・梅津瑞樹)、舞台『ヒプノシスマイク』(松田)など話題作品に出演し、今注目の若手俳優が出演する“就職映画”となっている。

 撮影現場でのエピソードを聞かれた森嶋は「みなさんのスーツ姿を見た時、カッコいいなと思いました。元々僕はサラリーマンなのですが、サラリーマンの人たちのスーツ姿とは格段に違うカッコ良さを目の前で見て『ちくしょー!』と思いましたね」とにっこり。

 しかし現場では「カッコいい」という思いを伝えておらず、共演者からは「(カッコいいと)言ってほしかった」と声が。恥ずかしくて言えなかったことが明かされると、安里は「(褒められていたら)さらに芝居がよくなった可能性がある!」と話し笑いを誘った。

 共演者の演技について森嶋は「(撮影が始まると)みなさん役者スイッチがONになるので、『これが、役者さんか!』と思いました」と声優業とは違う俳優の芝居の取り組みに驚いたことを話した。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定