ダルビッシュ、7回1失点の好投で2勝目 カブスはダルの前回白星から6連勝!

22

2020年08月06日 12:22  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真敵地でのロイヤルズ戦に先発登板したカブスのダルビッシュ有
敵地でのロイヤルズ戦に先発登板したカブスのダルビッシュ有
● ロイヤルズ 1 − 6 カブス ○
<現地時間8月5日 カウフマン・スタジアム>

 カブスのダルビッシュ有投手(33)が5日(日本時間6日)、敵地で行われたロイヤルズ戦に今季3度目となる先発登板。7回5安打1失点の好投で今季2勝目(1敗)を挙げた。

 初回、先頭のメリーフィールドに粘られるも、フルカウントからスライダーを振らせ空振り三振。続くソレアは三ゴロ、オハーンは中飛に退け3者凡退スタートを切った。2回は先頭の4番・ペレスに初球を左前に弾き返されるも、続くゴードンを一ゴロに退け二塁封殺。6番・マクブルームに左前打を許し一死一、二塁としたが、7番・モンデシーを二ゴロ併殺に仕留めピンチを脱した。

 0−0で迎えた3回は、先頭の8番・フランコに左越え二塁打を許し、続くロペスには右前打。下位打線に連打を浴び無死一、三塁のピンチを招いた。続く1番・メリーフィールドは投ゴロに仕留めたかと思われたが、高く弾んだゴロをダルビッシュが捕球できず。しかし、二遊間に転がった打球をバックアップしていた二塁・ボートが、二塁ベースに触塁しながら捕球。そのままの流れで一塁へランニングスローし、併殺を完成させた。

 ダルビッシュは併殺の間に三塁走者の生還を許したが、ボートの好守にも助けられ3回を最少失点。すると直後の4回表、カブスは3番・バエスの右前適時打で同点、4番・コントレラスの併殺打の間に2−1と逆転した。

 援護を受けたダルビッシュは、4回、5回とテンポ良く無失点。1点リードを保ち勝利投手の権利を得た。6回は先頭のメリーフィールドに右前打を許したあと、暴投とタッチアップで一死三塁のピンチ。それでも、3番・オハーンを見逃し三振に仕留めると、続くペレスは遊ゴロ。同点打を許さなかった。

 7回は再びテンポ良くアウトを重ね、この試合3度目となる3者凡退。すると直後の8回表、カブスはバエス、コントレラスの連続で適時打で2点を加え、ダルビッシュに追加点をプレゼントした。

 ダルビッシュは7回93球、5安打1失点、4奪三振1四球の内容で降板。6回2安打無失点だった前回登板に続く好投で、今季の防御率を2.12とした。

 カブスは9回にもダメ押しの2点を加え敵地で快勝。ダルビッシュが今季初勝利を挙げた7月31日(同8月1日)のパイレーツ戦から6連勝とし、ナ・リーグ最速での10勝到達で貯金を「8」とした。

このニュースに関するつぶやき

  • 好投は良いけど、ヒゲともじゃもじゃ頭はどうにかならんかww折角イケメンなのに
    • イイネ!1
    • コメント 1件
  • さすが
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

ニュース設定