林原めぐみ、庵野秀明監督からは「丸投げでした(笑)」…「エヴァ」綾波レイのキャラクター作りを振り返る

110

2021年04月11日 18:50  TOKYO FM +

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TOKYO FM +

写真林原めぐみ、庵野秀明監督からは「丸投げでした(笑)」…「エヴァ」綾波レイのキャラクター作りを振り返る
林原めぐみ、庵野秀明監督からは「丸投げでした(笑)」…「エヴァ」綾波レイのキャラクター作りを振り返る
お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。今回のお客様は、声優・林原めぐみさん。「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイの声を担当している林原さんが、エヴァのオーディションを振り返りました。

林原めぐみさん



今回のお客様は、声優・林原めぐみさん。 「らんま1/2」の女・早乙女乱馬、「平成天才バカボン」のバカボン、「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイ、「ポケットモンスター」のムサシ、「名探偵コナン」の灰原哀など、数多くの有名キャラクターを演じている、日本のトップ声優です。2月20日(土)には、書き下ろし書籍「林原めぐみのぜんぶキャラから教わった 今を生き抜く力」(KADOKAWA)を出版。ご自身の誕生日でもある3月30日(火)には、歌手活動30周年を記念したベストアルバム『VINTAGE DENIM』をリリースしました

TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」ゲスト:林原めぐみさん



◆綾波レイは「感情がないわけではなく…」庵野監督からの指示は?

川島:「魔神英雄伝ワタル」の忍部ヒミコに始まり、「らんま1/2」の女・早乙女乱馬、「平成天才バカボン」のバカボンなど、どこか、しゃべるだけで明るくさせてくれるキャラクターのイメージがすごく強い林原さんでした。その反対にいるキャラクターと言えば、やはり「エヴァンゲリオン」の綾波レイ。

林原:そうですね。私もびっくりしました。実は、オーディションでミサトもアスカも受けていたんです。ぶっちゃけ、“アスカに手ごたえがありかな?”なんて思っていたんです。(後にアスカ役に決まった)後輩の宮村優子ちゃんも、綾波レイのオーディションを受けていたようです。でも彼女は、綾波レイ役を受けるときに、大声で「あなたは死なないわ! わたしが守るもの!」って言ったっていうから、「それは落ちるだろう」って話はしてましたね(笑)。

川島:ちなみに綾波レイは、オーディションの時点でボソボソ話してとか指示はあったのですか?

林原:一応、指示はありました。なんとなくの設定みたいなものをもらうんです。性格設定みたいな。顔と等身が描かれた資料があって、まずは自分で一声を発してみると、「もうちょっとこんなふうにやってみてください」など何度か言われて。それで、(受かったと思ったら)レイちゃんのほうだったと。別な意味でびっくりでしたけどね。“そっちか!”でした(笑)。

川島:いざレコーディングが始まったら、だいぶ感情を乗せにくいキャラクターだったのでは?

林原:乗せちゃダメだったんで。

川島:感情を乗せちゃダメ。深いですね。

林原:この話は本「林原めぐみのぜんぶキャラから教わった 今を生き抜く力」に書きましたが、(庵野秀明監督からは)「感情がないわけではなく、知らないだけだから。よろしく」みたいな。あとは丸投げ(笑)。

川島:監督はそう言うでしょうけど。

林原:うん。すごく普通の顔で言ってました。

川島:感情を知らない。でも棒読みじゃダメだと。

林原:うん。“じゃあどんなしゃべり方?”って、自分でひたすら探しました。今のアニメでは、わりとクールなキャラクターも増えましたが、当時はモデルケースになる子がいなかったので、探して、探して病みましたけど(苦笑)。心理学の本を読んだり、“感情ってどこから湧くの?”とかいろいろ調べました。でも、結局たどり着いたのは単純なことで。

例えば、川島さんがすごく好きな女の子からバレンタインにチョコレートをもらったら、「うわ〜! ありがとう!」ってなる。でも、全然好きじゃないし、むしろ嫌いかも? という子からチョコレートをもらったら、「うわ、ああ……でも(一応お礼はしておかないと……)ありがとう」ってなる。要は、普通にしゃべっているつもりでも、その感情の上に“感謝”とか“嫌悪”が乗るんです。

川島:はー、深いですね。

林原:ただ(レイちゃんは)そう思ったことを言うだけ。

川島:それ以上でも、それ以下でもない綾波レイ。

林原:うん。

川島:林原さんがこれまで演じてきた役と、まったく違うじゃないですか? レイをやって気づいたことはありますか?

林原:“人って言葉通りに生きていないんだな”っていうことが、一度に見えるようになっちゃって。例えば、「忙しくてまいっちゃうよ……」って言っているけど、“売れっ子で嬉しいって思っているんだな……”とか(笑)。

川島:正直にね(笑)。

林原:そう。言っている内容は同じなんだけど(真逆の思いがある)。そんな風に人が見えるようになっちゃった。

川島:こうは言っているけど、本当は怒っているなとか。その言葉どおりには受け取らないと。

林原:うんうん。

川島:なんか、生きていくなかですごく重要なことですね。

林原:そうですね。

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(SpotifyAuDee )も、ぜひチェックしてください!

次回4月17日(土)のお客様は、高橋名人さんです。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜
放送日時:毎週土曜 17:00〜17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/
動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • radikoのアーカイブで聞いてみようと思ったら別の人がゲストで出演してた。調べてみるとめぐさんの出演は3月13日だったそうな。記事にするのが遅すぎ。 https://mixi.at/a6DVIsK
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 声ヲタがいくら絶賛したところで声の加齢は隠せない、って人もいる中、この人は綾波も灰原も年を取らなくてすごいと思う。元祖声ドルやと思うけど立派。
    • イイネ!42
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(54件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定