素性の全てが謎の女“本木陽香”生駒里奈の職業が明らかに ドラマ『真犯人フラグ』

1

2021年10月17日 23:25  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真新日曜ドラマ『真犯人フラグ』に出演する生駒里奈(C)日本テレビ
新日曜ドラマ『真犯人フラグ』に出演する生駒里奈(C)日本テレビ
 俳優の西島秀俊が主演する日本テレビ系連続ドラマ『真犯人フラグ』(毎週日曜 後10:30)第2話が17日に放送された。第2話の中で“炊飯器失踪”事件当日に凌介(西島)に接触してきた、素性のすべてが謎の女・本木陽香(生駒里奈)の職業が明らかになった。

【写真】佐野勇斗、生駒里奈、柄本時生ら…30名以上の豪華キャスト陣

 陽香は、葬儀社に勤める会社員で、第2話では葬儀場で炊飯器失踪事件のうわさ話をする同僚を意味ありげにじっと見つめている様子が描かれた。瞬きせずに、お供え物のリンゴを執拗に磨く姿は異様そのもの。まだまだ謎だらけの陽香は、事件についてどんな鍵を握っているのか(!?)今後も、謎の女・陽香の動向に注目だ。

 今作は企画・原案の秋元康氏はじめ、大ヒットした同局連ドラ『あなたの番です』(2019)制作スタッフが集結し、来年1月期まで2クール連続で放送。平凡なサラリーマンの凌介(西島)は、妻・真帆(宮沢りえ)と高校生の娘と小学生の息子がある日突然、謎の失踪。“疑惑の夫”として世間の注目を浴びることになる。

 『お探しのものです』と書かれた紙とともに恐怖の荷物が届くという衝撃的なラストを迎えた第1話。警察が一気に動きだし、凌介への疑惑の声がさらに高まっていく。会社に苦情電話が殺到し、精神的にも追い詰められていくが、部下の瑞穂(芳根京子)や『週刊追求』編集長の河村(田中哲司)たちに助けられながら、真実を求めて奔走する。

 事件に関する新たな手がかりや、個性豊かなキャラクターたちの背景も少しずつ明らかになる。
    ニュース設定