【おかえりモネ】第115回見どころ 百音と亮の前に“ある人”がやって来る

1

2021年10月21日 08:15  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『おかえりモネ』第115回より(C)NHK
『おかえりモネ』第115回より(C)NHK
 女優の清原果耶がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月〜土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。22日放送の第115回あらすじを紹介する。

【場面写真】百音と亮の前に現れたある人とは…(ネタバレ)

 第23週(18日〜22日)のタイトルは「大人たちの決着」。永浦家の家族会議の翌朝、百音(清原)が仕事に行こうとすると、龍己(藤竜也)が海から帰ってくる。百音は龍己に、耕治(内野聖陽)が海の仕事をすることについて、どう思っているのか聞く。すると龍己は、百音が共感するような考えを持っていた。

 その日の夕方、百音は亮(永瀬廉)を呼んで、先日の嵐の時の天気の状況を検証していると、ある人がやって来て…。

 本作は、現代劇で、宮城・気仙沼で生まれ育ったヒロイン・永浦百音が、天気の魅力、可能性に目覚めて気象予報士の資格を取り、上京。さまざまなことが天気にかかわっているということを経験し、故郷や家族、仲間のために何ができるかを考えながら成長していく物語。
    ニュース設定