4630万手に入れる方法は? 橋本愛“トラコ”がん発覚の母子に授業 『家庭教師のトラコ』第5話あらすじ

0

2022年08月17日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『家庭教師のトラコ』第5話に出演する板谷由夏 (C)日本テレビ
『家庭教師のトラコ』第5話に出演する板谷由夏 (C)日本テレビ
 俳優・橋本愛が主演し、きょう17日に放送される日本テレビ系連続ドラマ『家庭教師のトラコ』(毎週水曜 後10:00)第5話の場面カットとあらすじが到着した。

【写真】“バツイチ女将”を演じる板谷由夏

 脚本家・遊川和彦氏が手がけるオリジナルストーリーで、伝説の家庭教師・トラコ(橋本愛)が問題を抱えた3つの“家庭を教師する”個別指導式ヒューマン物語。トラコこと根津寅子が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と3人の子どもを救っていく。

■第5話あらすじ

トラコは、智代(板谷由夏)が胃ガンにかかっていることを知る。「高志にはもう伝えたんですか?」と聞くトラコに、智代は「伝えなきゃね」と言いつつ、イキイキと勉強に励む高志(阿久津慶人)を見ると、どうしても打ち明けられない。貯金もほとんどなく保険にも加入していない智代は、今死んだら高志にいくら残せるか…と考え絶望的になる。

するとトラコは、高志が大学を卒業するまでに必要なお金を算出し、4630万という。数字をはじき出すと、智代に告げる。「一緒に考えましょう。4630万円手に入れる方法」――。

そんな中、最近のトラコの行動がどんどん過激になっていくことを心配する福多(中村蒼)は、自分の里親に会ってほしいと頼むが、トラコは昔の出来事が引っ掛かっているようで…。

結局、智代が用意できそうな金額は、父が残した店の火災保険4000万円を除けば187万円しかなかった。トラコの提案で、智代は元夫・満男(丸山智己)の元へ相談に行くが、智代の死を前提に話を進める満男に腹を立て、帰ってきてしまう。すると、高志が「父さんから聞いた」と、智代のガンを知ってしまっていた。

「先生、どうしよう」と不安に駆られる高志に、トラコは、今後どうすべきか3つの選択肢を用意する。
    ニュース設定