厚切りジェイソン、老後2000万円問題に持論「アメリカでは1億円問題」 日米の考え方の違いを明かす

251

2022年10月04日 20:48  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

老後2000万円問題に持論を語った厚切りジェイソン(左)、児玉隆洋氏 (C)ORICON NewS inc.
お笑い芸人の厚切りジェイソン(36)が4日、都内で行われた『ABCash特別講師就任イベント』に登場し、お金について学ぶことの大切さを熱く語った。

【写真】「WHY?」ポーズをする厚切りジェイソン

 きょう10月4日は「投資の日」ということから開催された同イベント。特別講師として招かれたジェイソンは「お金のことが分からないまま生きていくと困ることが出てくるし、自立して働いた収入が気づいたときにはなくなっている」と危機感を促し、「あとになって気づくのは遅い。苦労する人生になるので、早いうちに人生にお金がどう影響するのか知っていくことが大事だし、少しだけでも考えて生きていくとある程度は豊かになる」と持論を展開した。

 ジェイソンは、金融について学び始めたきっかけは、アメリカで就職した際の入社手続きに書いてあった“投資プログラム”への参加だったといい、「もらえるはずのお金が投資に回るとどうなっていくのか興味があった」と説明。「日本にはしっかりした年金制度があるけど、アメリカは全然。近年、日本では2000万円問題が話題になりましたが、アメリカは1億円問題ですよ。どんだけ日本は暮らしやすいんだと思った」と、いかに老後の資金を形成するかという問題に言及し、日米の老後の資金についての考え方の違いを述べた。

 そして、「若いうちから投資していけば、二千万円問題は多くの方が余裕で解決できると自信を持って言える」と私見を語った。

 サービスコンセプトは 「10年後、なりたい自分をお金であきらめない」。同社が掲げる「お金の不安に終止符を打つ」というミッションのもと、 サービスを通じて皆様のお金に関する様々な不安や悩みをサポートする。本サービスは「ABCash」の受講者2万人の金融教育データをもとにしたオリジナルのカリキュラムで、 金融商品の販売・斡旋がないため正しく客観的な情報が得られるのが特徴。

 専属のファイナンシャルコンサルタントが、金融知識・ノウハウ提供、資産管理・運用サポートを行っている。知識だけではなく、正しい実践力と習慣化するお金のトレーニングとなる。 従来は女性向けのサービスとして展開していたが、 この度、4日から、男性向けにもサービスを解禁する。

このニュースに関するつぶやき

  • 聞いたか?「日本はどんだけ暮らしやすいんだ」←アメリカ人。日本で甘い汁を吸ってやろうと企む外国人を入れてはならない。帰化させる条件も厳しくせよ。
    • イイネ!20
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(173件)

ニュース設定