森田剛、事務所移籍後初の連ドラ出演「うれしかった」“素性不明の男”役 桐谷健太と約20年ぶり共演

10

2022年12月06日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

関西テレビローカル放送の2023年1月期木曜深夜ドラマ『インフォーマ』に出演する森田剛(C)ktv
 俳優の森田剛が、来年1月19日スタートするカンテレ「EDGE」枠の連続ドラマ『インフォーマ』(毎週木曜 深0:25 ※関西ローカル)に出演することが発表された。桐谷健太が主演し、佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)とのタッグで裏社会を描くクライム・サスペンス。森田は、主人公に立ちはだかる素性不明のダーティーな役で、事務所移籍後初の連ドラに臨む。

【写真】タッグを組んで裏社会を動かす桐谷健太&佐野玲於

 事件から政治や芸能、裏社会まで幅広いフィールドを題材に執筆活動を続ける沖田臥竜氏が書き下ろした原作をもとに、カリスマ情報屋“インフォーマ”を描くストーリー。警察・裏社会に顔が広くメディアも操る“インフォーマ”木原慶次郎(桐谷)が、週刊誌記者の三島寛治(佐野)とバディを組み、謎の連続殺人事件を追いかける。

 映画『新聞記者』などの藤井道人監督がメガホンをとり、原作は早くも今月5日発売後の即重版が決定している。

 森田が演じるのは、次々にターゲットを襲う謎の集団のリーダーで、素性は一切不明。しかし、木原が5年ぶりに東京に姿を現す理由であり、過去にまつわる因縁の相手だという。男は2人の部下を連れて秘書らしき人物と商談し、多額の報酬と引き換えに「3日で終わらせる」と約束。その夜、前代未聞とも言える第一の殺人事件が発生する。連続殺人事件の裏に見え隠れするこの男の正体&狙いとは。

 妻の宮沢りえと設立した新事務所「MOSS」へ移籍後、初の連ドラ出演となる森田は「あふれ返る情報の中で、自分が見たもの、感じたものだけを信じて生きたい。そんなことを考えさせられる作品でした」といい、「エネルギッシュな作品に参加できたこと、うれしかったです。皆さん、楽しみにしていてください」とメッセージを寄せた。

 主演の桐谷とは、フジテレビ系連続ドラマ『ランチの女王』(2002年)以来、約20年ぶりの共演となる。桐谷は「20年前にご一緒した時は、森田剛くん演じる不良少年にボコボコにされる役どころでした。それ以来の共演で、再び対峙する関係を演じるのは、感慨深いものがありました」と再共演の喜びを語った。

■森田剛 コメント
あふれ返る情報の中で、自分が見たもの、感じたものだけを信じて生きたい。そんなことを考えさせられる作品でした。エネルギッシュな作品に参加できたこと、うれしかったです。皆さん、楽しみにしていてください。

■桐谷健太 コメント
――森田剛についての印象
20年前にご一緒した時は、森田剛くん演じる不良少年にボコボコにされる役どころでした。それ以来の共演で、再び対峙する関係を演じるのは、感慨深いものがありました。優しく笑ってくれる普段の姿と役柄のギャップにやられましたし、黙々と、でも背中から充実感を感じられるような現場でのお姿がすごく印象的でした。

■第1話ストーリー
三島寛治(佐野玲於)は、主にゴシップ記事を扱う「週刊タイムズ」の記者。熱い思いを持って入社したものの、有名人のスキャンダルばかりを追いかける日々に、どこか虚しさや違和感を覚えていた。そんなある日、三島はある男の取材を任される。男の名前は、木原慶次郎(桐谷健太)。元2代目西宮会の若頭補佐で、現在は裏社会、政治、芸能、あらゆる分野に精通し、情報屋の中でも都市伝説的な存在“インフォーマ”として、その名を知られる人物だった。

同じ頃、都内のホテルでは、謎の男(森田剛)が秘書らしき人物と商談をしている。多額の報酬を提示されたこの男は「3日で終わらせる」と成功を約束して…。

木原は三島を“ポンコツ”と呼び、自らの運転手に指名。東京へ来るのは5年ぶりだという。歌舞伎町のキャバクラで「二代目ポンコツ君、死んじゃだめだよ」と何やら意味深な言葉を投げかけられる三島。しかし、三島が理由を尋ねようとした次の瞬間、スマホが鳴り、木原の表情が一変する。それは、前代未聞とも言える第一の殺人事件の知らせだった…。

このニュースに関するつぶやき

  • 20年振りの共演でまたボコボコにされんのかなぁಠ⁠﹏⁠ಠ
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

ニュース設定