ホンダ、新型『CB650R』『CBR650R』披露 外観を一新、クラッチ操作不要タイプも【価格・カラーなど】

53

2024年04月12日 07:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

手動でクラッチ操作不要なホンダ『CBR650R E-Clutch(グランプリレッド)』
 ホンダは11日、ロードスポーツバイク『CB650R』『CBR650R』の外観を一新し、4月25日に発売すると発表した。

【写真】漆黒ボディに赤の差し色がカッコイイ『CBR650R E-Clutch』

 『CB650R』は、ヘッドライトのデザインを、エアロマネジメントに寄与しながら、車体の台形フォルムを引き立てるスラント形状に変更。シュラウドが、上質な金属質感としたコンパクトな面形状のデザインに変わっている。

 『CBR650R』は、ヘッドライトをより広い配光特性に寄与するコンパクトな形状に変更。フロントカウルからミドルカウル、アンダーカウル、テールカウルまで、シャープな面構成のカウリングに一新し、精悍でモダンなスタイルを演出している。

 さらに両車種とも、手動のクラッチ操作が不要になる「Honda E-Clutch(ホンダ イークラッチ)」搭載仕様のタイプを、6月13日から展開する。

 「Honda E-Clutch」は、発進、変速、停止など、駆動力が変化するシーンで、ライダーのクラッチレバー操作を必要とせず、最適なクラッチコントロールを自動制御することで、違和感のないスムーズなライディングを実現する電子制御技術。ライダーの要求に幅広く対応するため、電子制御によるクラッチコントロール中でもライダーがクラッチレバー操作を行えば、通常のマニュアルトランスミッション車と同様、手動によるクラッチコントロールも行える。

■ホンダ、新型『CB650R』『CBR650R』カラーリング&メーカー希望小売価格
『CB650R(マットバリスティックブラックメタリック)』103万4000円(消費税抜き本体94万円)
『CB650R E-Clutch(パールディープマッドグレー、マットバリスティックブラックメタリック)』108万9000円(消費税抜き本体99万円)
『CBR650R(マットバリスティックブラックメタリック)』110万円(消費税抜き本体100万円)
『CBR650R E-Clutch(グランプリレッド)』118万8000円(消費税抜き本体価格108万円)
『CBR650R E-Clutch(マットバリスティックブラックメタリック)』115万5000円(消費税抜き本体105万円)

販売計画台数(国内・年間)シリーズ合計2300台

このニュースに関するつぶやき

  • 「日本だけの日本一はたちまち崩れ去る。世界一であって初めて日本一だ」(本田宗一郎)
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(32件)

ランキングトレンド

ニュース設定