フジ水10『新宿野戦病院』小池栄子&仲野太賀がW主演 新宿・歌舞伎町舞台に宮藤官九郎氏が23年ぶりオリジナル脚本【コメント全文】

25

2024年05月21日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

7月スタートのフジテレビ水10ドラマ『新宿野戦病院』で主演を務める(左から)小池栄子、仲野太賀 (C)フジテレビ
 俳優の小池栄子と仲野太賀が、フジテレビで7月スタートの水10ドラマ『新宿野戦病院』(毎週水曜 後10:00)でダブル主演を務めることが決定した。新宿・歌舞伎町を舞台に“命”をテーマにした新たな“救急医療エンターテインメントで、脚本家・監督・俳優・ラジオパーソナリティー・ミュージシャンなど多彩なジャンルで幅広く活躍する宮藤官九郎氏による完全オリジナル脚本。フジテレビにおける宮藤氏のオリジナル脚本は『ロケット・ボーイ』(2001年)以来、実に23年ぶりとなる。

【写真】見つめ合い…中村倫也と小池栄子の“禁断”のキスシーン

 物語は新宿・歌舞伎町にたたずむ病院を舞台に、ホストやキャバ嬢、ホームレス、トー横キッズ、外国人難民などさまざまなバックボーンを持つ“ワケあり”な登場人物たちが交錯する社会の構図がテーマ。官九郎節ともいえる、ときにユーモアを織り交ぜながら、さまざまな悩みや問題を抱えながらも人生を強く生きる人たち・仲間・家族を通して、「命」の尊さを投げかける新たな救急医療エンターテインメントを届ける。

 小池が演じるヨウコ・ニシ・フリーマンはアメリカ国籍の元軍医。アメリカのニューオーリンズに生まれ、14 歳で母親と2人でカリフォルニアへ移り、その後医大に合格し、28 歳で医師免許を取得。13年間軍隊病院で働いていた過去を持つ。岡山弁や英語交じりのその口調に独特の個性がにじみ出た明るく芯の通った性格だ。親の影響で、軍医を志望する中、いきなり戦地に配属され、銃弾が飛び交う“野戦病院”において、兵士や住民の救急活動を行うことになった。とある戦地において、ヨウコはがれきの街で瀕死状態の兵士と遭遇することになる。その兵士が死に際、ヨウコに大切な物と、あるメッセージを自らの最後の力をふり絞り託す。そして、ヨウコはその兵士との約束を果たすため、日本に向かうことになる。

 一方、仲野演じる高峰享(たかみね・とおる)は、父譲りの金もうけ主義者。叔父の古びた病院には麻酔医の勉強で来ているが、美容整形クリニックとしてリニューアルオープンするという夢を抱いている。チャラくいけすかない典型的な気取り屋タイプで、夜は聖まごころ病院で麻酔の勉強をしながら昼は週3で広尾のビューティークリニックで働きアンチエイジング療法を学んでいる。趣味は港区女子とのギャラ飲みで、お金を使って派手ににぎやかな世界に生きている。しかし、ヨウコとの出会いから、享の生き方に変化が。

 宮藤氏は、テレビドラマ『木更津キャッツアイ』(TBS系・2002年)、連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK・2013年)、など話題作の脚本を多く手がけ、今年放送された『不適切にもほどがある!』(TBS系 )のヒットは記憶に新しい。宮藤氏と『ロケット・ボーイ』をともに作り上げた『救命病棟24時』シリーズ(フジテレビ系・1999年〜)、映画『仕掛人・藤枝梅安』(2023年)シリーズなどを手掛けた監督・河毛俊作氏たっての熱烈オファーの末、今回の強力タッグが実現した。

 ダブル主演にして、初共演となる小池と仲野が凸凹でかみ合わなくも、どこか引き寄せ合い、互いにひとつの目標に向かっていくストーリーライン。今後解禁されていく個性豊かな豪華キャスト陣とともに、宮藤氏によるユーモアあふれるエッセンスがちりばめられた新たな医療ドラマが誕生する。

■小池栄子コメント
――出演について
小さい頃から宮藤さんのドラマを見て育ってきました。こんなにワクワクする作品に呼んでいただき、うれしさと驚きで胸がイッパイです。ヨウコ役、大変光栄であります。素晴らしいキャスト、スタッフがそろいました。絶対に期待を裏切らない作品にしますので、楽しみにしていてください。

――役どころについて
アメリカで産まれ育ち、軍医として生きてきたヨウコは、どんな命も平等であり1人でも多くの人を自分が救うんだという信念を持っている強い女性です。彼女の我が道を行く自由さとたくましさを時にチャーミングに演じたいと思っています。私が英語をしゃべっていることすらも、視聴者の皆さまには笑いながら楽しんでいただければうれしいです。もちろんネイティブな発音に近づけるように頑張っていますが、ネイティブな人から見たら違うなってところはたくさん出てくると思うんです。でもそれももうドヤ顔で、突っ走ろうって思っています。

――脚本について
今作もさすがの一言しかありません。いろんな意味で注目されている歌舞伎町という街を舞台に、そこで生きている人間たちの叫びがうごめいています。やり場のない思いや社会問題を、宮藤さんならではの笑いと鋭さで描かれていて、見事な群像劇になっています。そしてまた、医療がテーマなので、作品を通して改めて医療に携わる方々への感謝の気持ちが深まりました。

■仲野太賀コメント
――出演について
宮藤さんの作品にはこれまでも何度か出させていただいているのですが、今回は主演と聞いて、とにかくうれしかったです。小学生のころから、好きになる作品はどれも宮藤さんの脚本で、そんな方の作品で主演できるなんて、小さいころの自分にも言ってやりたいです。また、今回は題材もチャレンジングですし、小池さんをはじめ素敵な俳優の方々と、こういう作品に挑戦できることもとてもうれしいですし、撮影がとても楽しみです。

――役どころについて
僕が演じる高峰享は、ちょっとチャラチャラしたお金持ちで、芯もなく、いろんなことに流されていくキャラクターです。チャラさにもいろいろあると思うので、良い塩梅(あんばい)を探りながら魅力的に演じていきたいと思います。ドラマの舞台である新宿・歌舞伎町は、今の日本の縮図のようで、いろんな人たちが入り交じっていて、ヨウコ(小池)のキャラクターに影響されて、違うカルチャーである享も感化されていきます。享がどう変化していくのかも気になりますし、皆さんにも注目してほしいです。

■宮藤官九郎氏コメント
 河毛監督は、誰よりも早く俳優としての僕を面白がってくれた方。25歳、まだ方向性の定まらない僕に“アナタは、なんか分かんないけど面白いから続けなさい”と暗示をかけてくれた恩人です。2001年の『ロケット・ボーイ』以来23年ぶりのフジテレビ。河毛さんから“もう、あらゆるジャンルのドラマを書いたでしょうが”と声をかけていただきました。“そんなことないですよ、医療ドラマとか、まだ書いてないですし”と返したら、間髪入れずに『新宿野戦病院』というタイトルが送られて来た。え、用意してた?そのレスポンスの早さに驚き、野戦病院というフレーズの今っぽくなさと力強さに驚き、同時に河毛監督の本気を感じました。
 舞台は新宿・歌舞伎町。トー横、ホスト、反社、オーバーステイの外国人、ホームレス、コンカフェ、ラーメン二郎。よく考えたら、まるで僕のために用意されたようなワクワクする設定。主人公は元軍医と美容皮膚科の医者。小池さん、仲野くんで書きたいとお願いしました。命を扱いながらも深刻になり過ぎず、かといって軽くなり過ぎない絶妙な塩梅を、お2人なら理解してくれるに違いないと思ったからです。半分ほど書いてみて、ん?果たしてこれは…医療ドラマなのか?とりあえず、自分にとっては新鮮なので、立ち止まらず、このまま進もうと思います。はい。なんか分かんないけど面白いから続けます。どうか見守ってください。

このニュースに関するつぶやき

  • 「不適切にも…」が面白すぎたからこれも観る!
    • イイネ!4
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(12件)

ニュース設定