• このエントリーをはてなブックマークに追加

三島自決50年、今も残る現場

187

2020年11月24日 14:01 時事通信社

  • 国の事を憂いて大きな事が出来るような人間は殆ど戦争で散ってしまって、保身の為に何でもするような残りカスばかりになったという事は解りますね。
    • 2020年11月25日 00:25
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 三島忌、合掌。
    • 2020年11月24日 23:05
    • イイネ!0
    • コメント1
  • 夏草や兵どもが夢のあと…ではないけれど、今は建物がそのまま残っているだけǭ��������
    • 2020年11月24日 22:12
    • イイネ!0
    • コメント0
  • この国に「革命」って似合わない。今現在、死を伴う弾圧がある訳も無いし、国家が国民を見捨てて暴利を貪っている訳でもないし。
    • 2020年11月24日 21:50
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 三島由紀夫は、銀歯�Ԥ��Ԥ��ʿ��������Ԥ��Ԥ��ʿ��������Ԥ��Ԥ��ʿ��������Ԥ��Ԥ��ʿ������� が有ったよexclamation ��2(ーдー)
    • 2020年11月24日 21:00
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 吉田「もしこの時の自衛官が楯の会に同調していたらどうなってたんだろ。おそらく日本国家が分断していた可能性も否定できないね」
    • 2020年11月24日 19:52
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 平岡公威氏、明日で旅立って50年経つんですね
    • 2020年11月24日 19:44
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 敷地内無断侵入者に罵声を浴びせるのは当たり前。
    • 2020年11月24日 19:43
    • イイネ!0
    • コメント0
  • とうとう三島由紀夫先生よりも、50年長く馬齢を重ねてしまった。私には忸怩たる想いだけが残っている。
    • 2020年11月24日 19:06
    • イイネ!0
    • コメント0
  • あの日、三島は自衛官に打ち殺されたかったのではなかろうか。もし撃ち殺されていれば自衛隊は皇軍であると安心して死ぬことができたのではなかろうか。そう思うと、切ない。
    • 2020年11月24日 19:04
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 知識はあるけど知恵が足りなかった人。あんなやり方で他人が動く訳がないし、政治家を非難しながら政治家になれる知名度等があったのにならなかった、今の政治評論家(笑)と変わらない人
    • 2020年11月24日 18:58
    • イイネ!0
    • コメント0
  • テロはだめだし、実際指とか切り飛ばされた人もいる。それでもなお自分の信念を貫くという意味を口先だけしかないイズミチンカスやネトウヨは考えるがよい
    • 2020年11月24日 18:39
    • イイネ!0
    • コメント0
  • ノーベル文学賞もらえてたらな転機なってたかな、この人。野坂昭如の妄想老人日記に三島と男色の肉体関係あったピアノの先生出てきてたな_何書いてたか憶えてません。
    • 2020年11月24日 18:37
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 当時、週刊サンケイの緊急発売号が出て「付録・三島最後の絶叫入りソノシート」なんてのがオマケで付いてたらしい。どんな内容だったんだろ?気になる。
    • 2020年11月24日 18:30
    • イイネ!0
    • コメント4
  • 皇国思想に感銘したが紫式部や折口信夫の深淵は受け付けなかったので、自分が思うほど日本は背負えてない器と頭の良さがアンバランスなんだよな。
    • 2020年11月24日 18:20
    • イイネ!0
    • コメント0
ニュース設定