コーヒーが一番おいしい温度は? UCCが最適解を実験 僅かな温度差でも違いが

84

2022年12月07日 07:32  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

いろいろな温度で実験

 毎朝飲む人も多いコーヒーですが、果たして温度が変わるとどんな風に味が変わるのか。そんな実験をコーヒーメーカーのUCCが行いました。



【その他の画像】



 今回の動画によれば、コーヒーを抽出するとき一番おいしい温度は約92度から96度とのこと。この温度が苦味や酸味、甘さをバランスよく抽出できるそうです。



 動画の実験ではそれぞれドリップコーヒーを100度、92度、80度で入れ、味を比べています。まず92度でコーヒーを入れた後、100度でコーヒーを入れてみます、するとやはり苦味が強くなりました。また、温度が高くて味わいにくいとの感想も。



 逆に80度だと苦味が弱く、酸味が主体の味わいになります。もちろん好みもあるでしょうが、やはり92度で抽出するのがバランスの取れた味わいのようです。



 ちなみに、沸騰したお湯の温度を落としたい場合、一度他のドリップポットに入れてあげると、ちょうど92度くらいに下がるそうです。コメントでは「良い勉強になりました」「コーヒー好きで良かった〜」などの声が集まっていました。


このニュースに関するつぶやき

  • 温度が高いと苦味が強くなり低めだと酸味が強くなるのは豆から淹れる日との常識。コーヒーの味はそれだけじゃないけど一番わかりやすいのはそれ。後は雑味の出やすさとかいろいろあるけど、その位の温度を基準に
    • イイネ!4
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(41件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定