東急で「クレカのタッチ乗車」の実証実験、2023年夏から 首都圏の鉄道事業者で初

47

2022年12月08日 13:22  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真

 東急電鉄、東急、三井住友カード、日本信号、QUADRACは12月8日、クレジットカードのタッチ決済とQRコードを活用した、企画乗車券の発売や改札機の入出場に関する実証実験を、2023年夏から開始すると発表した。



【その他の画像】



 当初は田園都市線を中心とした各駅から先行し、2024年春に東急線全駅を対象に実施。クレジットカードのタッチ決済を使った乗車券サービスは、首都圏の鉄道事業者では初としている。



 東急電鉄各線では、すでに交通系ICカードが広く普及しているが、クレジットカードのタッチ決済やQRコードを活用することで、沿線住民だけでなく、訪日外国人などの利用も見込む。



 実証実験では、クレジットカードのタッチ決済を使用した後払いの他、東急のDX特別組織「Urban Hacks」が構築を予定する乗車券販売サイトで企画乗車券を事前に購入することで、タッチ決済あるいはQRコードでの入出場が可能になるという。



 改札機のサービス構築には、三井住友カードの「stera transit」を導入する予定としている。


このニュースに関するつぶやき

  • VISAなどのタッチ決済だけで乗れるなら便利だな。ICカードだと特急券を別に買わなければならないので、タッチ決済だけで特急に乗れるようにしてくれると嬉しい。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(27件)

ニュース設定