• このエントリーをはてなブックマークに追加

強制不妊拒否の親に侮蔑の言葉

148

2018年03月22日 07:23 毎日新聞

  • 健常者の人でも中絶を繰り返している人もいる���� 障害者女性を強制不妊させようとしたのだったら、 男性障害者はどのようにしていたのだろうか?(��)�Ӥä����ޡ����ʥ��˥��� 気になる�Ӥä����ޡ����ʥ��˥����Ӥä����ޡ����ʥ��˥����Ӥä����ޡ����ʥ��˥����Ӥä����ޡ����ʥ��˥���
    • 2018年03月22日 10:11
    • イイネ!3
    • コメント2
  • いいいかい?結局こういうことだよ。50年前の話をいまほじくってなんかプラスになるのか?この先に何か生かせるのか?その目的を明確にして取り組んで欲しい
    • 2018年03月22日 10:08
    • イイネ!3
    • コメント0
  • ナチスと優生思想をからめて批判しているバカがいますが、優生思想じたいはアメリカの方が歴史が古いし、日本の優生保護法はアメリカの影響が強いです。アメリカのことも同等に批判すべきです。
    • 2018年03月22日 10:04
    • イイネ!3
    • コメント0
  • これを昔の価値観だからと肯定する人は、神風特攻隊も、アウシュビッツも肯定するのか?あかんものはあかんでしょ。否定しないと前に進まない。
    • 2018年03月22日 10:03
    • イイネ!3
    • コメント0
  • ハンナ・アーレントの、悪の凡庸さという言葉が覆い被さりました。人間が誰しも逃れることの出来ない、其れが…
    • 2018年03月22日 09:50
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 良い事だとは思わないけれど、世の中が功利主義で動いている以上は仕方ない。今だって、個人の領域に権力やビジネスが浸食している。
    • 2018年03月22日 09:28
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 無思慮に国家権力側に付いてしまう一般市民やメディアが多いと(当時も今もそのような時代かもしれない)、国家権力のブレーキが外れて暴走する
    • 2018年03月22日 09:06
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 当時はそれが正しいと信じられ、まじめに職務を遂行しようとしていた。価値観が変わり、それを清算することは必要だろうが、当時の人を責める必要はない。今日の価値観が明日も「正しい」とは限らない。
    • 2018年03月22日 12:10
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 障害者の一番の障害は、健常者の無知や無理解と言えよう。 「同情より理解を」これは、障害者の親の言。
    • 2018年03月22日 12:01
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 精神薄弱の場合周囲の人間の理解が最重要で担当者の説明不足なのだろうと思う。法律は障害による将来の禍根を残さないための処置なのだが施政は生涯協力してくれるわけでなく親御さんの理解は不可欠。
    • 2018年03月22日 11:28
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 昔の価値観、それに根ざした法律、それらが酷い、あんまりだと思うから、変えて行こう、どんな未来なら幸せな社会かと模索する。それが人間だと思う。らい病と同様、日本人の闇です。心の垣根変えましょう。
    • 2018年03月22日 11:02
    • イイネ!2
    • コメント13
  • 「悪法も法なり。」と言ったバカがいたが「悪法は法にあらず。」。 悪法を認めてはいけないのだ。
    • 2018年03月22日 10:40
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 旧優生保護法じたい人権を無視した差別的な悪法なのに、それを拒否した親に「無知と盲愛」とよく侮蔑し手術を受けさせようと強制出来たものだな人でなしめ!!
    • 2018年03月22日 10:15
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 何がしたいの?
    • 2018年03月22日 10:10
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 「人間の基本的尊厳に関わる問題」と理解している。避妊方法なら当時から色々検討されていた。国の命令で強制的に不妊手術を受けさせられた人には「人権」は無いのかと未だに理解に苦しむ。
    • 2018年03月22日 09:35
    • イイネ!2
    • コメント6
ニュース設定