ホーム > mixiニュース > 地域 > 遺族「疑問」極刑回避に悔し涙 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺族「疑問」極刑回避に悔し涙

329

2019年12月02日 19:00 時事通信社

  • ヘタレ判事の悪習と言う名の伝統の前では法の名の下に平等なんて有り得ない。
    • 2019年12月02日 21:35
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 次回の最高裁判所裁判官国民審査(衆院選と同時)で、この判決出した五人全員に×つけてやろう。その前に定年にならなきゃいいが。
    • 2019年12月02日 21:29
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 三審制に異議は無いが、現状では裁判員制度が無意味なものになっているのは明白だ。結果、司法への信頼はますます低下するだろう。『法を守って国荒む』という事にならないといいが。
    • 2019年12月02日 21:21
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 「公平にというなら、2人を殺した被告は2度死ななければならない」これが自然な遺族の感情だと思う。この復讐を否定して被害者である遺族は再出発出来るのでしょうか?
    • 2019年12月02日 21:21
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 裁判員裁判の死刑判決が覆されるなら、後は法関係なく、私刑に処するしかないですね。遺族が犯人を殺した殺人犯になるとしても。
    • 2019年12月02日 21:15
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 世間に知れない様に・・・・・私刑しかないな〜
    • 2019年12月02日 21:11
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 国民の中から選ばれた裁判員が「数日間缶詰めにされながら導いた」判決を上級審でいとも簡単に覆してしまっては、何のための裁判員制度かと思ってしまう🤨
    • 2019年12月02日 21:10
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 裁判員制度を一番軽視しているのが最高裁というクソみたいな制度。
    • 2019年12月02日 21:09
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 一審判決が覆るのは別に今に始まったことではない。裁判員裁判が絶対に正しいわけでもない。
    • 2019年12月02日 21:09
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 2度死ななければならない。まさにそう。通り魔という被害者に何の落ち度もなく、犯人には擁護するところは一つもない。精神、責任能力がー以外の死刑にならない納得できる理由を聞きたい。
    • 2019年12月02日 21:08
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 日本の裁判官なんて自分が前例になりたくない奴らばっかだよね。もっと公平にならんもんかなあ。『病人』を名乗る奴らにも優しすぎるしね。
    • 2019年12月02日 21:03
    • イイネ!1
    • コメント2
  • 何人で死刑なんて判例を重視してると裁判の意味が無くなる。公平な判決ではなく、裁判官の責任逃れだと思うよ。うっかり殺したんじゃなくて、通り魔なら尚更。
    • 2019年12月02日 20:58
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 死刑にならないない代わりに、死なない程度に手加減して肉体と精神を毎日痛めつけ、自殺でもしようものなら『刑期を全うできずに死んだ』のレッテルを貼って「未来永劫許さない」とする刑罰が無い
    • 2019年12月02日 20:58
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 裁判員やりたい人、どんどん減るよね。。
    • 2019年12月02日 20:55
    • イイネ!1
    • コメント0
  • よは、裁判官達は死刑に反対だから、この判決を下すことで、今後2人殺しても過去の判例に基づき無期懲役になるわけだ。一般人が苦しみ抜いて出した判決を無為にする裁判員裁判を即刻停止しろよ。
    • 2019年12月02日 20:52
    • イイネ!1
    • コメント0
ニュース設定